体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男はアレで動き、女はアレに左右される説

男はアレで動き、女はアレに左右される説

ビジネスもプライベートも、わたしたち女性を悩ませるのはいつも『男性』。「どうして、わかってくれないの?」って心の中で叫んでいるのは私だけでしょうか(笑)?

でも、それは男性も同じかもしれません。女性に悩まされ、やっぱり「どうして、わかってくれないの?」と思っているのかも。

私はよくやってしまうんです。「たぶん、こう言ってほしいんだろうな」ということをあえて言葉にせず、意地悪したり……。とくに付き合っているパートナーに対してやってしまいがち。これだと本当に愛想をつかされてしまい、別れの原因になってしまいます。

わかりあいたいのに、どうしてもわかりあえない。異性って難しいですよね。そんな悩めるみなさんに、男と女のコミュニケーション術の違いをお教えしましょう。

ビジネス編

男は褒めてほしい

女はわかってほしい

男性は、基本的に褒めてほしい生き物なんですって。だから、ビジネスの場で男性の話を聞く場合に有効なのは、こんな相づち。

「さすが!」
「最高!」
「すごい!」
「素敵!」
「尊敬します!」

だったこれだけでいいのです。上司に対してもこの魔法の言葉が通じるので、とにかく試してみてください。

プライベート編

男は女を比べて反感をかう

女は男を試して反感をかう

私は恋愛の場でよくやってしまいます。「別れたい」って一方的に伝えること。でもそれは本心ではなくて、

女「別れたい」
男「そんなこと言うなよ」

という会話の流れにしたいだけ。男を試しているんです。しかし、その思惑は外れ、

女「別れたい」
男「そうか……わかった」

となってしまいます。男性がその言葉通りに、「別れたい」と受け止めてしまうからです。

ちょっと考えてみただけでも、これだけの差がある男と女。では、うまくいかせるにはどうしたらいいのでしょうか?

これは理屈で動く男性と感情で動く女性のコミュニケーションの違いを受け止めて、学ぶしかありません。実践あるのみ。

そうしないと、きっとおばあさんになっても男について悩んでいるかも……(笑)。

 

《男女関係に悩まされたくない人はこの本をチェック》男はアレで動き、女はアレに左右される説『理屈で動く男と感情で動く女のもっとわかり合える会話術』著:佐藤律子 (かんき出版)

これで男女間のトラブル解消! ! 
言葉の裏に隠された“男の本音”“女の嘘”がまるわかり
上司・同僚・部下、夫婦、恋人、友人……あらゆる場面ですぐに使える! 
あなたの「知りたかったこと」が1冊に凝縮。Licensed material used with permission by かんき出版

関連記事リンク(外部サイト)

男性上司と上手に付き合う方法
「男友達が多い女性」心の叫び
ストレス120%な「女社会」の処世術を精神科医が指南

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。