体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サントラよりも心に響いた『ゴッド・ファーザー』グルメ

サントラよりも心に響いた『ゴッド・ファーザー』グルメ

不朽の名作『ゴッド・ファーザー』に登場する料理のひとつに、「チキン・カチャトーラ」があります。(正式な字幕はチキン・“カチャトーレ”)。

日本のレストランで見かけるものの多くは、トマトで煮込むアメリカ風。でも、ここで紹介するのはワインをたっぷり入れた、南イタリア風のレシピです。サントラよりも心に響いた『ゴッド・ファーザー』グルメ

そもそも、カチャトーラとは「猟師風の」といったニュアンスで、料理として厳格な定義はないようです。ゆえに、トマト煮込みのアメリカンスタイルや、ここで紹介する赤ワイン煮込み、さらにイタリア北部では白ワインを使ってのものも。

では、イタリア版おふくろの味のご紹介。

鶏肉を赤ワインに漬け込み、にんにくとオレガノを加えてひたすら煮込むだけ。

材料:2人分

鶏肉:300g
タマネギ:1/2個
マッシュルーム:4個
赤ワイン:150cc
オレガノ:大さじ2
にんにく:1片
オリーブオイル:大さじ2
塩:適量
こしょう:適量

作り方

【1】鶏肉をぶつ切りにし、密封袋に赤ワインと一緒に入れ半日以上漬け込む。

【2】フライパンにオリーブオイルを入れ、密封袋から鶏肉だけ取り出し表面に焼き色がつくまで焼く。

【3】鍋に移して焼いた鶏肉、密封袋の赤ワイン、にんにく、オレガノ、浸るくらいまで水を加えて弱火で90分煮込む。

【4】タマネギはくし切り、マッシュルームは半分にし、160度に予熱したオーブンで15分焼き3に加えて塩、こしょうで味を整えたら完成。Licensed material used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY

関連記事リンク(外部サイト)

睡眠の質を上げてくれる不思議な「北欧のスープ」
どこの国のどんな料理だって、おばあちゃんの味は、きっとやさしい。
「材料だけ聞いたら怖い?」おばあちゃん自慢の味は、やさしかった。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。