体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アオシマ「パトカー」プラモデルのこだわりは?

アオシマ「パトカー」プラモデルのこだわりは?

独自の目線でオンリーワンのプラモデルを企画・販売し、一部で熱狂的に支持されるアオシマ。子どもも大人も憧れた「西部警察」のプラモデルシリーズは大ヒットとなりました。驚くべきはシリーズは現在まで続いていること。アオシマのプラモデルの中でも「パトカー」に注目して見ていきましょう。

西部警察のパトカーをプラモデル化

アオシマの西部警察シリーズのプラモデルがスタートしたのは1983年。大門軍団の特殊車両である日産・スカイライン2000RS「マシーンRS」を第一弾プラモデルとして始まり、現在まで続いています。

2015年、名脇役の日産・430セドリックセダンが西部警察仕様で新たに発売され、ベテランマニアたちを驚かせました。1/24スケールの西部警察430セドリックセダンは「捜査用パトカー」と「覆面パトカー」の2種類です。

セドリックのパトカーといえば、西部警察の特徴である派手なアクションで横転したり、爆破炎上する役目を担ってきた名脇役。それがプラモデル化されたわけです。マニア感涙のアイテムとなりました。

クラウン白黒パトカーのプラモデル

セドリックのパトカーは、元々プラモ化していた「430セドリックセダン」の金型を使って発売したもの。コアなファンは、その時既に西部警察仕様の発売を予想していたといいます。価格はいずれも4,104円です。

1/32西部警察プラモデル「トランスポーター」は、西部警察の特殊車両「スーパーZ」「マシーンRS」をロケ地に運搬していた、裏方の車両をキット化したもの。ドラマ本編に出てこない車両を製品化する企画力に脱帽です。キットには、ミニサイズの「スーパーZ」「マシーンRS」が付属するこだわり。発売は1983年です。

2012年10月発売の1/24塗装済パトロールカー「200クラウンパトロールカー警視庁無線警ら仕様」は、現行車両であるトヨタ・200系クラウン白黒パトカーのキット。白黒の塗装済みで、誰でも組み立てられます。パトカーは長期的な取材でようやく製品化しました。価格は4,212円です。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。