体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジブン空間を確保する「こもれるデスク」

ジブン空間を確保する「こもれるデスク」

机はモノではなく、場所である──。

これは、日本でも無印良品をクライアントにもつ世界的プロダクトデザイナー、ジャスパー・モリソンの言葉。

大勢が一堂に会すダイニングテーブルでも、自分だけデスクでも、なるほど空間を構成する「場所」というイメージが当てはまる(納得)。

で、氏のこの哲学をヒントに、クロアチアでこんなデスクが誕生した。腰掛けるだけでどこでもプライベートな空間をつくりだしてくれる「SecretArea」。

自分だけの秘密空間

ジブン空間を確保する「こもれるデスク」© Miran Krčadinac

にしても、ここまでかくまう必要がある?

壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?

だったらいっそ、視野に入るいろいろを全部まとめてシャットアウト。そのときはじめて得られる極上の集中状態。いわゆるゾーンに入る感覚。仕事をするのか、趣味に打ち込むのか、何をするかはもちろん自由。

収納性もバッチリ!

ジブン空間を確保する「こもれるデスク」© Miran Krčadinac とにかく集中したいわけだから、余計なものがデスクの上に散乱していてはいけない。ということで、収納も十分確保。このあたり“ちゃんと”デスクしてます。すっきりしたスペースでこそ、頭も冴えるってもの。ジブン空間を確保する「こもれるデスク」© Miran Krčadinacジブン空間を確保する「こもれるデスク」© Miran Krčadinac USBケーブルだってスマートにまとめる。コンパクトでもこういうところもイマドキ仕様なSecretArea。とにかく徹底的に「集中」にこだわっだデザイナーIvan Goran Zunar。ジブン空間を確保する「こもれるデスク」© Miran Krčadinac

あなただったら、この机どんな「場所」にする?

Design: Milena Jovanović, Alica Pancer, Tomica Perković, Ivan Goran Žunar
Product photographies: Miran Krčadinac

 

 Top Photo by ©Miran KrčadinacLicensed material used with permission by Ivan Goran Žunar

関連記事リンク(外部サイト)

「ヒト」がいて、ようやく完成する家具
一見よくある棚。でも本当は次世代型。
家具と調和する「エアロバイク」を追求した結果・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。