体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【山口】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット18選。観光にもおすすめ

【山口】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット18選。観光にもおすすめ 山口

せっかくの旅行なのに、雨模様…。そんな時も心配ご無用!

天候に関係なく楽しめる山口の室内観光スポットをご紹介します。

かわいい海の動物たちと触れ合ったり、本場のふぐ料理を満喫したりと、雨のお出かけも楽しめます。

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

下関市立美術館

下関市立美術館出典:じゃらん 観光ガイド 下関市立美術館

狩野芳崖、高島北海、香月泰男など、下関ゆかりの作家の秀作をはじめ、近現代の洋画・日本画を中心に収蔵・展示をしています。年4~5回程度の所蔵品展のほか、特別展を開催しています。隣接には、長府庭園などがあり、歴史と文化の観光ゾーンとなっています。

\口コミ ピックアップ/

高島北海、岸田劉生、藤田嗣治等常設展でも充分楽しめます。絵画を眺めながらゆったりした気持ちになれるので、喧騒を避け静かに過ごしたい方にオススメです(^^)

(行った時期:2016年9月)

長府庭園のすぐそばにありますので長府散策と合わせて見学することをオススメします。非常にキレイな美術館で下関ゆかりのある画家の作品もあります。(行った時期:2015年11月) 下関市立美術館

住所/山口県下関市長府黒門東町1-1

「下関市立美術館」の詳細はこちら

金子みすゞ記念館

金子みすゞ記念館出典:じゃらん 観光ガイド 金子みすゞ記念館

童謡詩人『金子みすゞ』の生誕100年に当たる平成15年4月、みすゞが幼少期を過ごした金子文英堂跡地に記念館がオープン。遺稿集や着物などの遺品を展示した常設展示室、みすゞの詩の世界を音と光で体感できるみすゞギャラリーなどを備え、みすゞの生涯や生きてきた時代を偲ぶことができる。

\口コミ ピックアップ/

昔の雰囲気がかもし出していて、良い味のある記念館だと思いました。展示も沢山ありました。ゆっくり見れます。

(行った時期:2017年11月)

直筆展示が多く、見せ方も 効果的で 感情移入できました。時々 うるっときちゃいました。金子みすゞをあまり知らなくても大丈夫です。館内で働く方も親切で、とても気持ちよくみて回れました。行ってよかったです。(行った時期:2017年9月) 金子みすゞ記念館

住所/山口県長門市仙崎1308

「金子みすゞ記念館」の詳細はこちら

下関市立しものせき水族館・海響館

下関市立しものせき水族館・海響館出典:じゃらん 観光ガイド 下関市立しものせき水族館・海響館

総水量2,400トン、65の水槽に魚など500種20,000点の水族たちが展示されている。関門海峡を再現した瀬戸内海水槽はトンネル状で海底散策気分が味わえる。日本唯一のシロナガスクジラの全身骨格標本や、世界のフグ100種類以上など下関らしい展示も特徴。目の前に関門海峡が広がるアクアシアターでは、イルカとアシカの共演によるパフォーマンスが開催される。イルカの水槽を眺めながらイタリア料理が楽しめるレストラン・デルフィーノもある。

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。