体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【兵庫】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット20選。観光にもおすすめ

【兵庫】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット20選。観光にもおすすめ

天候に関係なく楽しめる、室内観光スポットをご紹介!

せっかくの旅行やお出かけなら、ショッピング以外も楽しめると嬉しいですよね。

今回は、兵庫の観光スポットの中から、雨の日にもぴったりな室内お出かけスポットをご紹介します。

姫路城や宝塚などの王道から、テーマパークや商店街など地元感のあるスポットまで幅広く集めているので、ぜひお出かけの参考にしてくださいね!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

兵庫県立美術館 芸術の館

兵庫県立美術館 芸術の館出典:じゃらん 観光ガイド 兵庫県立美術館 芸術の館

日本を代表する建築家、安藤忠雄の設計により2002年に開館。阪神・淡路大震災からの「文化の復興」のシンボルとして誕生しました。美術作品だけでなく、目の前に広がる海と巨大迷路のような建物とが一体となり、訪れる人に多様な空間体験をもたらす構成も見どころのひとつ。特別展の開催だけでなく、彫刻を中心とした約9,000点の作品を所蔵し、常設展で順次紹介しています。また、屋外にも彫刻作品があり、建物と風景を楽しむことができる設計になっている点も魅力。3、4階屋外には、海に張り出しているかのように見えるデッキスペースが。こだわりの建物全体の構造を見渡せます。

\口コミ ピックアップ/

館内は非常に綺麗でまさに美術館という感じ。美術館の屋上に飾られている巨大なカエルが遊び心があって面白いです。、(行った時期:2017年9月)

岩屋駅から徒歩10分ほどの場所にあります。コンクリートの建物が印象的な美術館です。常設展示のほか、魅力あるいろいろな企画展もされているので何度か行きました。館内にはカフェもあるので、ゆったりと休憩することもできます。(行った時期:2016年5月) 兵庫県立美術館 芸術の館

住所/兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1

「兵庫県立美術館 芸術の館」の詳細はこちら

神戸市立博物館

神戸市立博物館出典:じゃらん 観光ガイド 神戸市立博物館

国宝「桜ヶ丘銅鐸・銅戈」をはじめとする考古資料や、池長孟氏が収集した南蛮紅毛美術のほか、古地図、ガラス資料など外国との文化交流の足跡をたどることができる資料を多数所蔵。「旧横浜正金銀行神戸支店」を転用した建物で、50mものギリシャ様式の円柱も見もの。

\口コミ ピックアップ/

神戸の居留地に建つ博物館です。洋風建築で外観がとても魅力的でした。常設展示を見たのですが、神戸の始まりから近現代史までずらりとわかりやすくパネルや模型などで展示されていました。特に明治の居留地の街並みの模型は衝撃を受けました。開国直後で外国人が住んでいたのが影響しているのか、まるでヨーロッパの街並みのようでした。(行った時期:2017年9月)

元町から歩いていけます。いつも興味深いイベントが開催されていてチケットもたくさん売り出されています。(行った時期:2016年11月) 神戸市立博物館

住所/兵庫県神戸市中央区京町24

「神戸市立博物館」の詳細はこちら

神戸市立須磨海浜水族園

神戸市立須磨海浜水族園出典:じゃらん 観光ガイド 神戸市立須磨海浜水族園
1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。