体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

社員が「自然と」ユーザー目線に立つ仕掛けは、ランチタイムにあった|クックパッド株式会社

社員が「自然と」ユーザー目線に立つ仕掛けは、ランチタイムにあった|クックパッド株式会社

ビジネスパーソンの昼休み。それは、空腹を満たすだけでなく、忙しい仕事の合間にほっと一息つけるリフレッシュタイムでもあります。お弁当派、外食派、社員食堂利用派など、それぞれに午後の英気を養うための過ごし方があることでしょう。

料理レシピ投稿・検索サービスの運営で有名なクックパッド株式会社では、社員食堂ならぬ「社員用キッチン」で社員が自分たちで料理をつくっているとのこと。食堂ではなくキッチンである理由、社員用キッチンの運用から効果まで、広報部の徳成祐衣さんと人事部 労務・Workplaceグループの梶尾俊さんにお話を聞いてきました。

プロフィール

徳成 祐衣(とくなり ゆい)さん (写真右)

クックパッド株式会社 広報部。2015 年新卒入社。クックパッドニュース編集部での企画業務などを経て、2017年10月から現所属。一番好きなレシピは「☆絶品餃子☆ by ☆栄養士のれしぴ」

梶尾 俊(かじお しゅん)さん (写真左)

クックパッド株式会社 人事部 労務・Workplaceグループ。2012年中途採用入社。前職での経験を生かしてファシリティに特化した業務に従事。現オフィスの社員用キッチンの設計にも携わる。一番好きなレシピは「お豆腐とキャベツのお好み焼き風 by なお★nao」

「社員用キッチン」は、クックパッドのアイデンティティ

ーー「社員用キッチン」の導入はいつからですか?

梶尾さん「クックパッドがオフィスに社員用キッチンをつくったのは約10年前です。オフィスの移転とともに社員用キッチンのスタイルも少しずつ変化しましたが、コンセプトは、“『毎日の料理を楽しみにする』を体現する場”です。レシピサービスを行っている会社ですから、自社サービスにユーザー目線で触れられる場という狙いもあります。」

ーーオフィスの受付から社員用キッチンの様子が見渡せますよね。受付に着いてまず目に入ったのは、キッチンに立つ社員の方の明るい表情でした。

梶尾さん「はい、社員が楽しく料理をしている姿を来訪者の方々にもお見せしたいと思いまして。あえて受付からすぐの場所に設置して、間仕切りもガラス壁にしました。

オフィスにキッチンがあるというのは、当社のアイデンティティのひとつでもあります」

ーーキッチンに並んでいる食材に値札がついているのはなぜでしょうか?

梶尾さん「食材はまかないとして会社で用意しており、自由に使えるのですが、一人あたりの予算を300円目途と決めています。もちろん社員が食材費を会社に支払うことはありませんが、市場での相場価値を意識することが、ユーザー目線に立つうえで大事だと考えています。」

ーーなるほど。ところで、食品ロス対策は何かとられていますか?

梶尾さん「基本的によく料理をするため、ロスはあまり発生しません。その中でも日持ちがしない青果物については閉店前のスーパーと同じで、休日前は値引き価格にすることもあります。そうすることで、同じ予算内であってもたくさんの食材を使ってもらうようにしています。

また、つくりすぎて少し残った料理は、いつ、誰がつくったかを所定の“シェアカード”に明記して、“おすそわけ料理”としてキッチンに置いておくことで誰かに食べてもらえるという文化もあります」

一緒に料理をして共に食べるランチタイムは、部やチームの垣根を越えたコミュニケーションを取りやすくする

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。