体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

291組の作家が全国から集結! 今週末は「クラフトフェアまつもと」へ

craftfair-matsumoto_2018_01

昨年は2日間で4万5千人以上が来場

2018年5月26日(土)・27日(日)の2日間、長野県松本市の「あがたの森公園」にて、「クラフトフェアまつもと 2018」が開催されます。

「工芸の街」として発展してきた松本市の木工家が中心となって、1985年から毎年5月に開催されているイベント。毎回質の高い作品が並ぶと評判で、昨年は2日間合わせて4万5千人以上が来場するほど人気のマーケットになりました。

第34回の開催となる今回も、長野県内だけでなく全国からの291組の作家が参加。陶磁、木工・漆、染織・フェルト、ガラス、金属、皮革など、さまざまなジャンルの工芸品のほか、こだわりの飲食店も並びます。

JR「松本」駅から会場までは徒歩20分ほどで、市内では期間中「六九クラフトストリート」や「商店と工芸」など工芸のイベントも開催されています。周辺道路は混雑が予想されますので、徒歩か公共交通機関の利用がおすすめです。蔵造りの建物やクラフトショップが建ち並ぶ松本市の街歩きもお楽しみください。

craftfair-matsumoto_2018_02 craftfair-matsumoto_2018_03 craftfair-matsumoto_2018_04 craftfair-matsumoto_2018_05

クラフトフェアまつもと 2018

会期:2018年 5月26日(土)・27日(日) 11:00~17:00(27日 9:00~) ※雨天決行

会場:あがたの森公園/長野県松本市県(あがた)3-2102-4

詳細:http://matsumoto-crafts.com

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

今年のテーマは「日用美品」、第6回「六九クラフトストリート」開催
「第13回 東京蚤の市」今週末に迫る! 北欧市・豆皿市のほか新エリア台湾小路が登場
「第10回モノマチ」は過去最多規模! 175組の作り手や飲食店が参加

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。