体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初恋が実ったのは、10年後のことでした。

初恋が実ったのは、10年後のことでした。

 

誰にだってある。思い出すと、ほのぼのしたり、なんだか恥ずかしくなったり、切なくなったり、涙がこぼれそうになったり。そういう特別な感情が生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。

 

「S君さ、県外の高校に行くらしいよ」

S君はわたしの幼なじみであり初恋の相手。幼稚園も、小学校も中学校も同じ学校に通っていた。お互いの家も数分で行き来できるくらいに近所だった。

毎日一緒に登下校していたわけじゃない、頻繁に家へ遊びに行っていたわけでもない。だけど、「同じ環境にいること」が当たり前な彼は、わたしの日常の一部だった。

 

高校も同じ学校に進学するとばかり思っていた。
でも違ったらしい。

 

友だちから最初の言葉を聞いた途端に、涙が溢れた。そして気づいた。彼のことが好きなんだ、と。

それなりに好きな人はいたし、彼氏がいた時期もあった。だけど心のどこかにはいつも彼がいた。きっと、ずっと好きだったんだと思う。

「離れ離れになる前に、ちゃんと想いは伝えておきたい」そう思うといてもたってもいられなくて、その日の放課後、彼を非常階段に呼び出した。

 

「違う高校へ行くんだってね。離れ離れになる前に気持ちだけ伝えておきたくって。……あのね、好きだよ」
「彼女はいないよ。っていうか、別れた」
「あ、そうなんだ」
「……っていうか、僕も好きなんだと思う」
「え?ほんとに?」
「うん。ずっと気にはなってた」

すると彼は、ぎこちなくわたしを抱き寄せ、それからゆっくりと唇にキスをした。

 

別々の高校に進学し、会える頻度が減って、結局数ヶ月で別れた。でも、その後も今も、ただの友だち以上にたいせつな存在であることには変わりない。あのキスのことは、一生忘れないんだと思う。

 

協力:Y.O(24歳、カフェ店員)

関連記事リンク(外部サイト)

18歳。「ずるい大人」を知った、あの夜のこと
思い出のキス#11 「見慣れているはずの寝顔に」
思い出のキス#02 「スパイダーマンキス」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy