体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

星野源「恋」著作物使用料の分配額が最も多かった『JASRAC賞』で金賞に

星野源「恋」著作物使用料の分配額が最も多かった『JASRAC賞』で金賞に

 星野源の楽曲「恋」が、前年度に作詞者、作曲者、音楽出版者へ日本音楽著作権協会(JASRAC)が分配した著作物使用料の分配額が最も多かった作品を表彰する『2018年JASRAC賞』の贈呈式にて、金賞を受賞した。

 2016年10月にリリースされた同曲は星野自身も出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌として、これまでにCDパッケージで出荷40万枚を超え、有料音楽配信トータルで200万ダウンロード超え、さらにYouTubeで公開されているミュージックビデオは1億7,000万回再生を突破するなど、まさに社会現象と呼べるほどの大ヒットを記録した。

 ドラマのエンディングシーンでミュージックビデオと同様の振付をドラマ出演者が踊る“恋ダンス”が大きな話題を呼び、2次3次的な広まりを見せた。2016年10月のリリースから年度をまたぎ、長い期間でインタラクティブ配信やカラオケなどの幅広い分野で楽曲が多く利用されたことから今回の金賞受賞となった。

 今回金賞を受賞した「恋」以降も「Family Song」、「ドラえもん」と2作連続で記録的なヒットが続く星野源。本人からのコメントが到着している。

◎星野源コメント
2018年の金賞をいただいたと聞き、すごく嬉しかったです。
この歌は、それまでのJ-POPにはないバランスで、自分が面白いと思える瞬間だけでポップスを成立させたいという気持ちで作った楽曲です。
そんな曲がこうして驚くほどたくさんの人に届いたことを、とても幸せに思います。

関連記事リンク(外部サイト)

星野源、『AERA』連載まとめたムック本発売決定! 細野晴臣/設楽統/生田斗真/バカリズム/ディーン・フジオカら対談ゲスト12名
【ビルボード】星野源×『ドラえもん』vs福山雅治×『名探偵コナン』、劇場版の主題歌争いを制するのは?
【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が勢い止まらず7週目の首位に、星野源「ドラえもん」が再浮上

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。