体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スピルバーグ監督とディカプリオ、グラント米元大統領の伝記映画で再タッグ?

スピルバーグ監督とディカプリオ、グラント米元大統領の伝記映画で再タッグ?

スティーブン・スピルバーグ監督は、ユリシーズ・シンプソン・グラント元大統領の伝記映画で、2012年の自身の映画『リンカーン』で舞台となった南北戦争時代を再び描くようだ。

『Deadline』によれば、スピルバーグ監督は、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』に出演していたレオナルド・ディカプリオとこのグラント元大統領の映画で再タッグを組みたいと考えているという。ディカプリオもスピルバーグ監督もまだ初期段階の交渉中とのことだ。

ライオンズゲートとディカプリオのAppian Wayプロダクションがグラント元大統領の伝記を執筆したロン・チャーナウの著書「Grant」の映画化権を獲得しており、デビッド・ジェームズ・ケリーが脚本を担当する。

グラント元大統領は、18代目の米国大統領になる前、南北戦争で将軍として北軍を率いて勝利に導いた。リンカーンが暗殺された後、アンドリュー・ジョンソンが4年間17代目大統領となったが、その後1869年から1877年までグラント元大統領が大統領として当選し、任期を果たしている。

ロン・チャーナウは、著書の中で、任期中のグラント元大統領は、不当なほど世間から否定的な評価を受けていると論じている。『リンカーン』では、ジャレッド・ハリスがグラント元大統領を演じていたが、今回は、ディカプリオが演じることになりそうだ。

だが、もしスピルバーグ監督とディカプリオが再タッグを組むとなれば、一体いつ実現するのかが気になる所だ。ディカプリオは、いくつかあるプロジェクトの中で、クエンティン・タランティーノ監督の『Once Upon a Time in Hollywood』(原題)が次に控えており、一方のスティーブン・スピルバーグ監督もインディ・ジョーンズ第5作目や『ウエスト・サイド物語』のリメイクが次に控えており、さらにDCコミックスのブラックホークの映画も手掛けることが決まっている。

だが、『Deadline』の情報源によれば、このグラント元大統領の映画は”優先事項”だという。もしかしたら、比較的早く映画館で公開されることになるかもしれない。

■参照リンク
https://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

チューバッカ役の高身長俳優が、『ロード・オブ・ザ・リング』ホビット役との写真で見事な“見切れ芸”を披露!
映画『ジョン・ウィック』シリーズ第3弾がおよそ1年後に公開へ!
鬼才ラース・フォン・トリアー監督の新作がカンヌで上映!残忍なシーンに退席者が続出するもスタンディングオベーションが起こる
映画『バッドボーイズ』第3弾が再始動!2020年1月に全米公開へ
トム・クルーズによる目を見張るスタントが盛り沢山!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』最新予告編が公開

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。