体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仮面女子・猪狩ともかさんから広がる「知ってほしい、車イスに乗る人の気持ち」

猪狩ともかオフィシャルブログ(https://ameblo.jp/igari-tomoka/entry-12373913274.html)より

アイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかさん。強風で倒れた看板の下敷きになった事故で脊髄損傷となり両脚を動かせなくなりました。猪狩さんは、当面、車イスが手放せない生活を過ごします。本人は「リハビリを頑張る」と前向きな気持ちをブログに綴りファンの胸を熱くさせました。

車イスで生活するということ

この一件で注目したいのは「車イス」の存在です。今後、彼女が車イスを動かす姿をファンに見せることによって、世間の車イスに対する意識が少しでも良い方向へ変わればと思うのです。

これは、私が車イス生活者数名と話した時に出た内容。一部の声かもしれませんが一例として聞いてほしい。

まず、「一歩外に出れば、他人からすると面倒な存在であろうことは自覚している」とのこと。例えば、電車、バス、タクシーに乗るときは、人の手を借りなければ乗れない。「電車やバスの車内は、スペースも取るから邪魔と思われても仕方ない」。だから、なるべく迷惑に思われないように行動しているつもり。聞いていて凄く胸が痛かったのですが、「車イスに乗ってみないとわからないことだし」とたしなめられた。

電車は、朝夕のラッシュ時は避けて乗りますが、どうしても利用しなくちゃならない場合は、少しでも空いた時間に乗車する。でも、あからさまに嫌な顔をする人はいるそうです。ガラガラでもウザそうな視線は感じる。SNSを見ても「車イスの人はラッシュ時に乗らないでほしい」という書き込みはたくさんあります。車イスの人が空気を読めない人ばかりなのか? そんなにいつも車イスの人に迷惑をかけられているのか? どう思いますか。

わかってほしい「こんなことが大変」

車イスにはいろんなタイプがありますが、電動など高性能なものではなく手動でノーマルなタイプを使用している人が、「知ってほしい初歩的なこと」をいくつかまとめてみました。

【地面の凸凹】

車イスは普通、4輪車です。道路を進むと、思った以上に地面の凸凹が伝わるそうです。舗装されたアスファルトでもよほど新しくなければ小さな凸凹で細かく激しく揺れます。付き添い人が後ろから押してあげてもハンドルがガタガタ震えるのがわかりますが、このガタガタ、座っている人は下から全身に浴びていることになります。思ったより負担がかかり、かなり疲れるそうです。

【段差と坂】

付き添いがいない場合、たった5ミリの段差も越えるのが大変。だから階段の登り降りはほぼ無理です。そして、たとえゆるい坂道でも大変。建物の前に車いす用のスロープがありますが、あれも一人で登るのはなかなかきつい。また、坂の下りはブレーキやストッパーを上手に使わなければならず、飛び出す危険性もあるため怖いという人も多いです。

【多機能のトイレ】

車イスの人は、広い多機能トイレが有る場所のチェックはかかせないそうです。最近はコンビニなどでも増えましたが、都内の駅でも未だに設置していない所もあります。つまり出かける場所も限られるわけです。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。