体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軽くてオシャレ! 今すぐ旅に出たくなるスーツケース『LOJEL(ロジェール)』展示会レポート

日本生まれ海外育ち。機能とデザインに優れたスーツケースブランドをご存知だろうか? そのブランドの名前は『LOJEL(ロジェール)』。今回編集部が取材したのは、5月15日~16日、秋葉原のUDXビルのギャラリーで行われたブランドロゴ刷新&新製品の発表展示会。今すぐ荷物を詰めて、旅をしたくなる、そんな世界観に触れた!

旅を豊かにするスーツケース『LOJEL』のロゴがリニューアル!

そもそも『LOJEL(ロジェール)』というブランド名は「Let Our Journeys Enrich Life(旅で人生を豊かにしよう)」の頭文字をとったもの。1989年に日本で創業後、むしろ海外で人気ブランドとなり、今や30ヵ国以上に展開! そして約1年前の2017年1月、日本へ“里帰り”したのだ。

リニューアルされた『LOJEL(ロジェール)』のロゴは、シックでクール!

『LOJEL』のアイテムは一貫して、ユーザー目線に寄り添った丁寧なモノづくりで、ミニマルなデザインのなかに旅を豊かにする工夫が施されている。

シンプルでありながら、力強いメッセージ性を感じさせるロゴだ。

出張や旅行に出る際、スーツケースの重量や収納性、セキュリティといった機能は必要不可欠だろう。同時に、使ってウキウキするような「ときめき」もまた、旅の思い出に彩りを添える大切なエッセンスだ。

ロゴの使われ方には、いくつかのバリエーションあり。

『LOJEL』は、とくにアジア圏ではポピュラーなブランドだが、さらなる市場拡大を見据え、ロゴをリニューアルしたという。

 

グリップには、イメージロゴも刻まれている。これは、目的地を示すフラッグと、そこへの道のりをイメージしたものだという。

ビジネスにもレジャーにも使えるスーツケースは、男女問わず使うことができる。ジッパー部分にさりげなく刻まれたロゴがオシャレ。

ちなみにこの商品は、『LOJEL』で一番人気『CUBO(キューボ)』の新色「ローズ」。記者は思わず「かわいい!」と声をあげてしまった。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。