体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アロンアルフア宣伝担当(アラフォー男子)の妄想大爆発!胸キュン「キスの日」動画が公開

アロンアルフア宣伝担当(アラフォー男子)の妄想大爆発!胸キュン「キスの日」動画が公開

 東亞合成株式会社・アロンアルフア宣伝部のアラフォー男子が、妄想大爆発させ企画したという若者応援動画、「君に、くっつけ!」が5月23日の「キスの日」にあわせて公開されました……が、えらいな結末を迎えています。

 そもそも5月23日の「キスの日」は、日本の映画で初めてキスシーンが登場した日(公開日)を記念し設定されたもの。毎年この年は、関係ある人無い人の間で悲喜こもごもなドラマが生まれているとかいないとか。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 さて、アラフォー男性社員が「最大限に妄想を膨らませ」考えてみたという動画には、恋をつなぐ重要なアイテムとしてアロンアルフアがもちろん登場。映像はアニメ風な作りとなっており、接着にかけ、強引な胸キュンストーリーを展開しています。

 ヒロインは今直筑乃(いますぐ つくの、 CV:阿澄 佳奈)。筑乃は「プラモデルとアロンアルフアが友達の女子高生」という、プラモデルはともかくとして「アロンアルフアが友達」という、何だか強引すぎる設定。

 そして気になる恋のお相手は、学校一のモテ男・九津くん(くっつくん、 CV:西山 宏太朗)。普通ならくっつかないはずの2人が、ファースト接着(キス)をきっかけに、くっついていく恋物語。胸キュンストーリーのド定番、恋のライバルも出現します。果たして筑乃と九津くんの恋の行方は?待ち受けるラストシーンで二人は再びキスをするのか?という展開ですが、ラストでは宣伝担当自らがしれっと登場して、よりによってヒロイン役と入れ替わりつつ九津くんとキスしようとする強引展開が流れます。なんだこの展開……。つまりヒロインは宣伝担当の2次元女体化って事?

 とにかく観る者をおいてけぼりにするラストはある意味必見かもしれません。アロンアルフアの若者応援動画「君に、くっつけ!」は公式サイトおよび、YouTubeで視聴できます。

【声の出演】
今直 筑乃
(CV:阿澄 佳奈)
九津 剛 
(CV:西山 宏太朗)
早杉 瞬華  (CV:天海 由梨奈)
羽賀志 太郎(CV:比留間 俊哉)

情報提供:東亞合成株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

こんな姿も立体化!「大相撲あるある」な場面を再現したカプセルフィギュア
アメリカ・カナダ7会場を巡る「ドラゴンボール北米ツアー」開催決定 天下一武闘会を再現
ラスカル×鳥獣戯画が実現 エイプリルフールネタの好評うけ商品化

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。