体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テスラ、次世代の高速充電ステーションを今夏にも設置開始へ

電気自動車(EV)の開発は、充電ステーションとセットになっているといっても過言ではないだろう。手軽に充電できなければ利便性が確保されず、結果としてEVのメリットを市民にアピールできないからだ。

そこで、自動車メーカーは充電技術の開発にも注力しているわけだが、この分野で先を行くEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOはこのほど、さらに早く充電できる次世代ステーション「スーパーチャージャー V3」を今夏設置する考えを明らかにした。

・200〜2500kW出力に

現在展開しているテスラのスーパーチャージャーの最大出力は120kWほど。昨年の段階でマスク氏は、新スーパーチャージャーの最大出力は350kWになると言及していた。

しかしその後、方針を転換し、結局スーパーチャージャー V3は200〜250kWの出力になる見込みだ。当初より最大出力を抑えているが、それでも現在の規格の倍近くになり、利用者は大きなメリットを享受できる。

・他社も整備拡大

充電ステーションの性能向上や設置をめぐっては、他社も拡充に努めている。たとえば、BMWやダイムラーが合弁で設立したIONITYは、出力350 kWまで対応するEV充電ステーションを欧州で展開中だ。

またフォルクスワーゲンの子会社も、最大出力150~350kWのステーションの整備を米国で進めている。

現在、高速充電に対応していないEVが多いが、今後は高速充電の機能が標準装備となってくることが予想される。

Elon Musk/Twitter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。