体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海の幸の宝庫♪東北の絶品すぎる海鮮丼18杯。各県からおすすめを紹介!

お食事処 たこ八

太平洋と日本海に囲まれ、漁場にも恵まれた東北エリアは「海の幸の宝庫」。海岸沿いには鮮度の良いネタを使った、自慢の海幸丼を提供する店が点在します。ふんだんにネタが盛られた東北の海幸丼は、遠路はるばる車に乗ってでも、電車とバスを乗り継いででも食べに行く価値十分!一人でじっくり味わうのはもちろん、仲間とワイワイ食べるのも楽しいですね!

丼からネタがはみ出すメガ盛り海鮮丼をはじめ、鮮度抜群の絶品丼、SNS映えしそうなビジュアル丼まで、各県沿岸から編集部が厳選した絶品の海幸丼を18杯ご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース

<目次>

■福島県

■宮城県

■岩手県

■青森県

■秋田県

■山形県

1.市場食堂【福島県いわき市】

実物を前にしたらもっと驚くぞ!このネタのひしめき具合は何!?

市場食堂みそ汁、茶碗蒸し、小鉢2品、香の物も付いてボリューミー!

■海鮮丼 1950円

この日のネタは…メバチマグロ・ツブ貝・サンマ・アジ・ブリ・煮アナゴ・ウニ・赤エビ・アマダコ(茹で)・アオソイ・イクラ(漬け)・コハダ・厚焼き玉子

いわきには「メガグルメ」という妙な地域性があり、その流れを汲んでしまった言わば「メガ盛り付け」な丼。ネタは基本3切れでしかも意外に大きく、これでもか!という位いろんな味覚が楽しめる。魚介の仕入れは料理長がいわき卸売市場で毎朝行い、その日のネタを店内の大型ボードにイラストと解説付きで掲示。食前に見ておくと味わい倍増かも。市場食堂店内は広く、テーブル58席、小上がり36席、座敷60席を用意 市場食堂

TEL/0246‐54‐1144

住所/福島県いわき市小名浜栄町3-1セーラ2階

営業時間/7~15時(LO14時30分)

定休日/木(祝日の場合は金)、1/1

アクセス/常磐道いわき湯本ICより20分

駐車場/40台

「市場食堂」の詳細はこちら

2.四倉港 うまいもんや やまかく【福島県いわき市】

海鮮丼とひつまぶしが重なり「塔」のような形状で登場。

四倉港 うまいもんや やまかくアラ汁と漬物が付く。ネタは季節や水揚げ次第で入れ換えあり

■タワー・オブ・海鮮丼 2500円(ランチタイムのみ。前日までに要予約)

この日の上段のネタは…ビンチョウマグロ・アジ・ツブ貝(ボイル)・本マグロ・生ガキ・サーモン・ボタンエビ・タコ(茹で)・イシモチ四倉港 うまいもんや やまかく魚のアラで取った熱々の特製「命のダシ」を注いで召し上がれ 1枚目の写真は海鮮丼と、その下にあるひつまぶしを分離させた状態。これでも結構なインパクトだが、2段重ねの姿はより感動的なのでぜひ実物を見ていただきたい。元々魚介卸業を営んでいた店だけにネタのチョイスは的確で、ただの見かけ倒しではない点はさすが。ひつまぶしも具沢山で味わい深い。〆はおしゃれにひつまぶし中央にある鯛茶漬けで。四倉港 うまいもんや やまかく掘りごたつ4卓、カウンター3席、ほかに8人用個室も
1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。