体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「テントに変身する服」と言われても、最初はピンとこなかった

「テントに変身する服」と言われても、最初はピンとこなかった

約37,000円のジャケットが、いまクラウドファンディングサイトで資金を集めている。目標額の約1/3しか達成していないとはいえ、ここで取り上げる価値は十分にあると思った。

Tent Jacketと呼ばれるこの洋服は、名前の通りテントに変身するジャケットだ。

「いつ使うの?」と考えた人もいるかもしれないが、多くの人の命を助けるために開発されている。

3分で姿を変えて
「快適な空間」をつくる

「テントに変身する服」と言われても、最初はピンとこなかった© ADIFF「テントに変身する服」と言われても、最初はピンとこなかった© ADIFF

自分の手元から世界とつながれるようになった時代に、あえて増えていく難民や移民、ホームレスの人々の存在をフィーチャーする必要はないだろう。宗教弾圧や戦争、貧困などの社会的要因によって、彼らは困難な生活を強いられている。

あるのが当たり前だと考えられている「家」を持っていない人のために何かしたい──。

デザイナーAngela Lunaさんを動かした理由はシンプルだった。そして、テントへと姿を変えるジャケットを考案し、ユニークな洋服の製作を決意。

少しでも多くの人を助けるために、彼女は「Tent Jacket」が購入された数と同じ数だけ寄付する仕組みを採用している。だから、どんな人にも受け入れてもらえるようにスタイルにもこだわる。「テントに変身する服」と言われても、最初はピンとこなかった© ADIFF「テントに変身する服」と言われても、最初はピンとこなかった© ADIFF「テントに変身する服」と言われても、最初はピンとこなかった© ADIFF

ジャケットからテントにするのに必要なのはわずか3分。困難な生活を送っている人でも、雨や日差しをしのげるようになっている

すでにAngelaさんは活動を始めていて、シリア北部に暮らす難民に500着を寄付している。今年中に2,000着以上の「Tent Jacket」を支援物資として送り届ける予定らしい。

人が生活していく上で大切になる「衣」と「住」を同時にサポートできるジャケット。キャンペーンの終了は迫っているが、まだまだ多くの資金を調達していくようだ。Top Photo by ADIFFLicensed material used with permission by ADIFF

関連記事リンク(外部サイト)

難民の人生を大きく変えた「ライフジャケット」そこに描いたものとは…
建築家が本気で考えた「難民用テント」。驚きの機能とは?
ひとりの青年のアイデアが難民たちの「暮らし」に安心をもたらした

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。