体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベルトラン・ラヴィエ展『Medley』、表参道・エスパス ルイ・ヴィトン東京で開催

1805233
ベルトラン・ラヴィエ『EMPRESS OF INDIA II』 ©Adagp, Paris 2018

ベルトラン・ラヴィエの個展『Medley』が、東京・表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催中。会期は、9月24日(月・振休)まで。

本展は、フランス・パリの現代アートおよびアーティストに特化した芸術機関フォンダシオン ルイ・ヴィトンのアーティスティックディレクションのもと、所蔵するコレクションの中から世界のエスパス ルイ・ヴィトンで未公開の作品を紹介する「Hors-Les-Murs (壁を越えて)」プロジェクトの一環として企画されたもの。

フランス・シャティヨン=シュル=セーヌ出身のアーティスト、ベルトラン・ラヴィエは、ヴェルサイユの国立高等園芸学校で園芸を学んだ後、1970年代初頭から活動をスタート。冷蔵庫やテーブルといった大量生産製品にペイントを何層も塗り重ねた作品や、日常的な「物」を台座に置いたレディメイド作品で知られ、2012年にはフランス・パリのポンピドゥー・センターで回顧展が開催された。また、ポンピドゥー・センター、オーストラリアのヴィクトリア国立美術館、オランダのアムステルダム市立美術館、アメリカのロサンゼルス近代美術館、東京国立近代美術館などに作品が所蔵されている。

『Medley』では、フォンダシオン ルイ・ヴィトン所蔵コレクションの中から7点を展示。フィンセント・ファン・ゴッホ風の絵画テクニックを用いた『Atomium』、ネオンを使用したインスタレーション『Empress of India II』、アクリル画の『Walt Disney Productions1947-2013 Nº 2』、クロムメッキを施した彫刻作品『Ibo』などを紹介する。

ベルトラン・ラヴィエ
『Medley』
2018年4月19日(木)~9月24日(月・振休)
会場:東京都 表参道 エスパス ルイ・ヴィトン東京
時間:12:00~20:00
休館日:ルイ・ヴィトン表参道店に準ずる
料金:無料

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。