体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小顔に近づくための簡単エクササイズ! 「まずは唇を…」

小顔に近づくための簡単エクササイズ! 「まずは唇を…」
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。5月21日(月)のオンエアでは、パーソナルフェイストレーナー・木村祐介さんが、小顔に近づくためのエクササイズを教えてくれました。

■ポイントは「口輪筋」

木村さんによると、顔の体幹となる場所で、小顔を作るうえで土台となるのが唇。唇を意識するだけで小顔に近づくことができるそうです。

木村:エクササイズで大事なのが体幹を鍛えること。それは顔にとっても同じで、顔の体幹は全ての顔の筋肉につながる口輪筋です。口輪筋とは唇を包むドーナツ型の筋肉で、口を開け閉めする時に使う、顔の体幹となる中心部です。唇の口輪筋に向かって、顔全体のあらゆる筋肉が伸びています。

実は、口輪筋に負荷をかけずにマッサージや顔を動かすエクササイズをしても、効果がないそうです。

木村:体のトレーニングの基本で最も大切なことは、体幹の姿勢をキープしたまま、肩や股関節を動かして、しなやかな体を作ること。顔も同じで、唇を締めて、たるみのない顔の姿勢を整えることが大切です。その結果、顔が引き締まり、その顔の姿勢からパーツを動かせば、単純な動きでも効率の良いエクササイズになります。 唇を締めることは小顔をつくるうえでの基本。それを徹底することで、顔周りの脂肪はアイロン掛けをしたように均一になり、皮膚が骨にフィットするかのように、顔全体にハリが出始めます。

■「ホ」が大事

木村さんに、顔のワークアウトの基本である、唇を使ったエクササイズを紹介してもらいました。

・ストローを吸うイメージで、リップを直すように唇を全て内側に巻き込み、「ホ」と言うイメージで唇をすぼめる。
・顔を縦に伸ばして「ホ」の形のまま唇を巻き込みます。この時に、唇が全て見えなくなるまで、内側に巻き込むのがポイントで、口の中の歯は開けておく。

木村さん曰く、「小顔に近づくにはまず、日常生活を見直すこと。毎日の積み重ねで美人への道は確実に近くなります」とのこと。詳しく知りたい方は、木村さんの著書『日本で唯一のパーソナルフェイストレーナーが教える 小顔ワークアウト』も手にとってみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。