体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

産前にやっておきたい赤ちゃんを迎える準備。まずは収納スペースを整理

f:id:akasuguope01:20180319175656j:plain

この5年の間に我が家はすっかり娘仕様の家に仕上がっていて、2人目が産まれてくる前に赤ちゃんを迎える準備のため変えなくてはいけない所がいっぱいありました。

まず1番気になっていて最初に手を付けたのが、収納です。 関連記事:「いつかは子ども部屋に…のつもりが物置部屋」を防ぐ、未来を見越した部屋作り

ちょこちょこ成長に合わせて片づけていたつもりでいましたが、新生児期の肌着や洋服などの着られない物、思い入れのある物は捨てられずに取っておいた量も多く、2人目が出来たら使えるかな?という理由で残した服もあったので、新たに収納できるスペースは限りなく少ない状況でした。

まずは妊娠6ヶ月くらいの頃から、徐々にのんびりとですが夫婦の着ない洋服、娘のサイズアウトした服をリサイクルや廃棄をし、少しでも収納スペースを確保。赤ちゃんの洋服やベビーグッズをしまえる場所を作りました。

次に妊娠7ヶ月頃から、少しづつリビングや部屋の模様替えをして、汚れてしまった物や古くなった家具などを思いきって捨てました。少しでも狭い部屋を広くしながら、2人目が動けるように何も無いフリーなスペースを確保したかったのです。

そのためには、娘の増えすぎたおもちゃの片づけをしなければなりません。そんな中でも幼い頃から自然と集まり増えたガチャガチャなどの細かくて小さいおもちゃなどを片づけるのが一苦労でした。

細かいおもちゃは赤ちゃんの口に入ってしまったりしたら大変です。なるべく減らしたいと思うのですが、捨ててしまいたくなるような物も娘には大事なおもちゃだったりするので、相談しながら片づけなければなりません。

この作業が1番時間がかかりました。そしておもちゃを収納する蓋付きのケースを用意し、表に出ていた大きなおもちゃや細かいおもちゃは全てしまうようにしました。もちろん小さいおもちゃは赤ちゃんの手の届かない所に置きました。

妊娠8ヶ月頃には、赤ちゃんの服や備品などを新たに購入。片付けて作りあげた収納スペースに収めるようにしました。

妊娠9ヶ月頃には、一番の大物・ベビーベッドを準備し、おむつやおむつ替えに必要なグッズ、肌着類などの着替えをベビーベッドの下に用意した収納ケースに入れ、使い勝手がいい新たな赤ちゃんスペースが完成しました。

収納グッズもなるべく角ばった物は避けて、赤ちゃんに危なくないようにと気を遣いながらやった収納準備。2人目だったこともあり、成長に合わせて少し先の時期も考えながら準備できたので、出産後にバタバタとすることはありませんでした。妊娠中に片づけて良かったと感じました。

また、これからも子供たちの成長に合わせて、思考錯誤しながら少しでも収納スペースを確保できるようにしていこうと思っています。 関連記事:「お片付けしなさい!」から解放されたい…。兄弟で一緒に片付けさせる3つの作戦 by ぴよととなつき

f:id:akasuguope01:20180319175117j:plain

著者:haru#hima

年齢:35歳

子どもの年齢:6歳、1歳

神奈川県在住、2人の子供と楽しく忙しい毎日を送っている35歳ママです。二人育児の大変さを実感しつつも、姉弟でじゃれあっている姿を見て微笑ましく思っております。子供たちの笑顔が大好きなマイペース母ちゃんです。最近では、家事・育児をこなしながらお仕事も頑張りたいと思い、生活のバランスについて真剣に考えています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

2人目の出産準備。「あとでやればいいや~」と思っていたら陣痛が!
新生児のチャイルドシートはどれがいい? 私が重要視した優先順位は…
我が家には大きすぎたベビーベッド。ほとんど使わずいつしか埃の温床に

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。