体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『え!コレ方言だったの?!』関東出身者が標準語と勘違いしている神奈川・埼玉・千葉の言葉まとめ

ピョンチャンオリンピックでのカーリング女子日本代表の活躍によって脚光を浴びた「そだねー」。商標申請騒動のニュースもあり、『あれは北海道の方言だ!』・『いやいや、北海道以外でも使うぞ?』といった議論が日本全国で巻き起こったのは記憶に新しいでしょう。

バイト先や学校の友達でも東京以外からきている人も多いと思います。ここでよくあるのが神奈川県・埼玉県・千葉県の東京都に隣接する3県の人は自分たちの言葉は完璧な標準語であると思い込んでいるケースです。ただ実はそれ、大きな勘違いかも。今回は、神奈川県・埼玉県・千葉県の「え!コレって方言だったの?」ネタをご紹介します。バイト先や学校の友達につっこみを入れてるとおもしろいかも。

そもそも「方言」って何??東京都の言葉だって方言だ!

初めに断言してしまいますが、【方言】をもたない人など実はいません。どの地域であっても、その地域独特の言葉遣いが必ずあり、知らず知らずのうちに使ってしまっています。

関西地方や東北地方、あるいは九州地方の言葉は、東京都の言葉とはずいぶん違う印象を持ちます。しかし、それらはすべて同じ「日本語」です。同時に、東京都の言葉も関西地方の言葉も東北地方・九州地方の言葉も、全て「日本の方言」なのです。

東京都の言葉が【方言】であるように、神奈川県・埼玉県・千葉県の言葉も同様で、これらも方言です。東京都を含む神奈川県・群馬県・埼玉県・千葉県・山梨県東部の言葉は大きく「西関東方言」というグループに属します。「東京都周辺の言葉=標準語」や「地方の言葉=方言」ということではなく、東京都の言葉を含む首都圏の言葉も、あくまでも【方言】なのです。

方言は「地元出身」の証!「由比ヶ浜」に潜む神奈川県民の地元愛

「方言=田舎のお年を召した人の使う言葉」というイメージを持つ人も多いかもしれません。たしかに、以前は今ほど各地域間の交流が活発ではなく、テレビの全国放送が始まるまでは、それぞれの地域の方言以外を使う機会も少なかったため、その地域に根付いて長く暮らしてきた人ほど、その地域の少し古めかしい方言を多用することになります。しかし、首都圏の若者が全く方言を使っていないかというとそうでもありません。神奈川県・埼玉県・千葉県であっても、標準語とは異なる形の地元の方言は存在しますし、さらにはそこの出身というアイデンティティの表れとして、あえて方言を使っているというケースも存在します。

例えば、サーフスポットとして有名な神奈川県の「由比ヶ浜(ゆいがはま)」という地名。多くの人が『ゆ↑いが↓はま』といった具合に、「ゆ」から「い」にかけて上がり、「いが」が高く発音され、「が」から「は」にかけて下がるのですが、由比ヶ浜のある鎌倉エリアの地域住民は、『ゆ↓いがはま』と、「ゆ」だけを高く発音し、「ゆ」から「い」にかけて下がるのです。元々、由比ヶ浜の地名が「結(ゆい)」という言葉から来ているのですが、本来の読み方である『ゆ↓いがはま』と発音することで、「サーファーの聖地」や「オシャレ」・「イケてる」といったポジティブなイメージのある由比ヶ浜の地元住民や出身者であることを顕示するためのものだと言われています。

学校は地域文化の宝庫!千葉県民の使う「一の川」とは?

学校で使われる言葉は、【気づかない方言】として残りやすいものの一つです。例えば「一の川(いちのかわ)」「二の川(にのかわ)」「三の川(さんのかわ)」という言葉に聞き覚えのあるあなたは、千葉県出身ではないでしょうか。

おもに千葉県では、学校の教室に並んでいる机をタテに3分割したとき、それぞれのタテ列を教卓から見て左側から「一の川」「二の川」「三の川」と呼ぶのです。他にも、例えば2時間目と3時間目の間にある20分ほどの休み時間。神奈川県や埼玉県では「20分休み」という事が多いとされている中、千葉県では「業間休み」と呼ぶところが多いと言われています。また方言とは少し違う話ですが、千葉県の小中学校では生徒の出席番号が「誕生日順」となっていたりもします。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。