体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……

この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……

日常生活ではあまり馴染みがないストリートアート。でも、旅先では、そのカラフルさや写真映えするビジュアルに惹かれて撮影をし、ネットでシェアする人も少なくないはず。

となると、SNSを多用するミレニアル世代の人たちは、ある意味ストリートアートに目が肥えているとも言えるのでは?もし、あなたがこれを読んでそうだと感じるなら、これから紹介するストリートアートを見て、どこの街か当ててみて!この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……

わかりましたか?答えは、ニュージーランドのクライストチャーチです。

さて、続いて以下の作品も紹介。どこでしょう?この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない……

こちらは、同じくニュージーランドにあるダニーデンという街でした。

ちなみに、冒頭で紹介したクライストチャーチのストリートアートの多くは、2011年に起きた地震の後に描かれていて、一部が倒壊し未だ立入禁止となっている大聖堂に変わり、街の人々や観光客を惹きつけています。まだ復興途中の街中を、彩る役目も果たしています。

どちらの街のストリートアートも直接見てきましたが、個人的には、ダニーデンの方が好きです。裏路地やふとした場所に描かれていることが多く、驚きとワクワク感があるから。

みなさんも、旅先で見つけた忘れられないストリートアートがあれば、「#tabilabomural」でシェアしてみてください!Licensed material used with permission by Mikako Kozai

関連記事リンク(外部サイト)

体当たりのストリートアート「女の子の権利」を壁一面に主張
ストリートアートも「デジタル化」の流れ
一生に一度の卒業旅行なら訪れるべき。街全体がアート作品なHawaiiのダウンタウン

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。