体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

湖池屋の看板商品「ポテトチップス のり塩」のルーツは天ぷらにあり!? 和を味わう『KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩』

「東京2020オリンピック・パラリンピック」を控え、国内外から日本の文化への関心が高まっている昨今。食品業界にも日本の伝統を取り入れた”和”の波が押し寄せているようだ。記者が今回食べた『KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩』は日本食の定番「天ぷら」をポテトチップスで表現した商品だが、果たしてそのお味は……?  

「湖池屋 JAPAN PRIDE」のテーマは”和”。あえてポテトチップスで「日本の誇り」を発信する!

日本を代表するスナックメーカー・湖池屋が威信をかけて生み出した「PRIDE POTATO」の新シリーズ「湖池屋 JAPAN PRIDE」。”和”をテーマにしたこのシリーズで同社は日本の風土や文化、食材の魅力をポテトチップスに込めて発信していく。

ポテトチップスといえば元々は欧米で愛されていたスナック菓子だが、これを日本で普及させたのが湖池屋だ。1962年に発売された「ポテトチップス のり塩」は日本人に馴染みのある「のり塩」をポテトチップスと掛け合わせることで、和の美味しさを併せ持つスナックとなった。

 

そんな「ポテトチップス のり塩」の誕生時に湖池屋が目指したのは、揚げたてサクサクの天ぷらの美味しさ。

湖池屋『KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩』(60g・実勢価格 税込138円・2018年5月14日発売)で同社は今一度原点に立ち返り、食材の扱いや製法にこだわることで、天ぷらのような美味しさを追求することにしたらしい。

「PRIDE POTATO」シリーズに使用されるジャガイモは100%日本産。そこに加わる”和”のフレーバーとして今回ターゲットになったのが、高級天ぷら店でよく出される茶塩だ。茶塩は抹茶+塩で作られることも多いが、湖池屋は更にてん茶(抹茶の原料で、天ぷらの衣に使われたり、青海苔の代用としても使われる)を加えることで、味に奥行きを与えている。

 

そんな経緯で誕生した『KOIKYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩』は、現存する湖池屋の最高傑作「ポテトチップス のり塩」を凌駕することができるのだろうか。実際に食べて確かめることにする。

まず、袋を開けると揚げたての天ぷらのような香りが漂う。ポテトチップスを取り出してよく見ると、たくさんの気泡があるようだ。これが砕けることでサクサクとした食感が生まれるのだろうか。

そして表面を彩る緑色。粉末状なのが抹茶、粒状なのがてん茶と、こだわりの素材を実際に目で確かめることができる。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。