体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大人が出逢う、東京古着】表参道・Riyad vintageで出逢う、圧倒的な1着

“大人が出逢う、東京古着”。
そう謳いながらも、この連載を続けていると、ここは東京でもどこでもないような、知らない国の知らない街の一角にふと紛れこむこんだような。
そんな気持ちになることがある。
まるで圧倒的なその空間に足を踏み入れた時、古着は深く、そして世界は思うよりもずっと広いんだと、そんな当たり前のことを感じる。

Riyad vintage
その一室にひとたび足を踏み入れたら、もう忘れられない。
色とりどりの柄物、存在感を放つアクセサリ、民族の歴史を感じるラグやマット。そのすべてから放たれるメッセージをビリビリと感じながら、ここを見つけられてよかったなと思う。まさしく、異国のような空間。

昨年4月にオープンしたというお店は、モロッコのホテル(=riad)の内装をイメージし、そこからインスピレーションを受けて造語として命名。店先(マンションのエントランス)の雰囲気が中庭にお花や植物が溢れる現地の風景に似ていたことが物件の決め手だったと、オーナーの竹村さんは振り返る。

語学の勉強も兼ねて、21歳の時にイギリス留学した竹村さんは、「古着について現地で学びたい」という思いを持って、現地の古着屋さんでヴィンテージについて学んだ。 「他のヨーッロパの国にも行きやすいことからイギリスを選びました。経験を買うつもりで、ただで働いていました。スリの見張り役などをしながら、オーナーにいろんなことを教わりました(笑)」

中学から古着が好きだったという竹村さん。この連載でも紹介させてもらった下北沢・HAIGHT&ASHUBURYで働いたのち、“いつかは自分のお店を持つ”という、かねてからの夢を叶えたのだ。
直感に従って、マンションの一室で、自分で壁を塗り替えて。
勇気と行動力と努力、そしてセンスとヴィンテージへの想い。
アイテムのセレクトにもそれらの経験やこだわりがキラリと光っている。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。