体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんな時だけ男性になりたい!世界一周中に女性だから困った5つのこと

現在、世界一周中の女性旅人の皆様!これから長期旅行にでかけようと思っている女性の皆様!

私も世界一周旅行に行ってきた女性旅人の一人なのですが、その間、一人や夫婦・カップルで旅行されている女性の方々にたくさん出会いました。

そう!女性だって世界一周旅行にでかけられるし、楽しいことだってたくさんありました。一方で、「女性だからこそ困るなー」と思ったことも結構ありました。

ちなみに私は旅行に行くたびに、「もしも生まれ変われるのなら、男性になりたいな」と思ったりしています。

ということで今回は、長期旅行をしてみて、「女性だからこそ困ったこと」について振り返ってみたいと思います。女性旅人の皆様と共有できたら幸いです。

 

女性だから困ったこと①トイレ

Photo by Shutterstock

まずはなんと言っても「トイレ」ではないでしょうか。

世界一周旅行をしていると、長距離バスで移動することも多くなるはずです。その際、公衆トイレがなかったり、あっても汚過ぎて入りたくない場合も。

男性であれば、最悪道端で用を足せますが、さすがに女性だと抵抗がありますよね…。特に困ったのは、エチオピアの「ダナキルツアー」や、アフリカで参加した「サファリツアー」でした。

どちらも、そもそも公衆トイレがなく、建物など何も隠れるところがない場所で用を足さなければならないので、本当に困りました。

 

photo by さかち

サファリツアーなんて、ガイドさんから「あまり遠くに行くと野生動物に襲われる可能性もあるので、なるべく近くでしてください」と言われ、こんな大草原の中で…。

しかも、ツアー参加者の近くで…。貴重な体験でした(笑)。

 

photo by さかち

本当にそのときばかりは、「男性になりたい」と心から思ったものです。

対策としては、ロングスカートやストールで隠す方法しかないのではないでしょうか。同じツアーに女性の方がいれば、お互いにストールなどで隠し合うのも良いかと思います。

ちなみに私はツアーに女性がいなかったので、一緒に旅していた主人に隠してもらいました…。主人いわく、「女性として見れなくなった」そうな。これまた辛い!

 

女性だから困ったこと②生理

Photo by Shutterstock

次に女性だけが辛いなー…と思ったのが「生理」です。どんなに嫌でも、一ヶ月に一回はやってきます。症状は人によりけりですが、お腹は痛いし、イライラしてしまう方も多いですよね。

また、長距離移動で公衆トイレがないときなど、ナプキンを取り換えることも難しく、漏れないか常にヒヤヒヤしていました。心配な方は、タンポンを使われた方が良いかもしれませんね。

Photo by Shutterstock

もう一つ不便なのは、生理用品を持ち歩くのって、重さはないものの意外とかさばります。そのため、日本から生理用品を長期間分持って行くわけにはいきませんよね。よって、各地で購入する必要があります。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。