体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フェンシング・太田雄貴、オリンピックのメダル獲得を経て…「団体で成果を出す」喜びを語る

フェンシング・太田雄貴、オリンピックのメダル獲得を経て…「団体で成果を出す」喜びを語る
J-WAVEの番組『SEIKO SOUND STORAGE』。ミュージシャンやスポーツ選手など、各界で活躍するゲストがマンスリーで登場します。5月のマンスリーゲストは、公益社団法人 日本フェンシング協会会長・太田雄貴さんです。

太田さんは、2008年の北京オリンピックで個人銀メダルを獲得し、フェンシングで日本初のメダリストとなりました。さらに2012年のロンドンオリンピックでは団体銀メダルを獲得。5月18日(金)のオンエアでは、メダルを獲得するまでの苦悩、そしてメダルを獲得したことで得たことを語りました。

【1回目】フェンシング・太田雄貴「五輪で初メダリストになるのは僕だ」…練習を重ねた少年時代を振り返る
【2回目】スポーツで「ゾーン」に入るとどうなる? フェンシング・太田雄貴が、その感覚を語る

■フェンシングをもっと知ってもらうには…

太田さんが初めて出場した2004年のアテネオリンピックは、9位という結果で終わりました。オリンピックに出られたことで少し満足してしまったそうですが、同じ大会で金メダルを獲得した、水泳・北島康介選手や柔道・野村忠宏選手、ハンマー投げ・室伏広治選手の活躍を目の当たりにして、以下のように思います。

太田:フェンシングをもっと知ってもらうためには、是が非でもメダルを取らなきゃいけないんだなと、改めて痛感させられたオリンピックでした。

アテネオリンピックの経験を経て、4年後に北京オリンピックを迎えます。この大会では、フェンシングに大きなルール変更がありました。フェンシングは、剣の先にボタンのようなものが付いていて、アテネオリンピックではそのボタンが1000分の1秒間沈めば得点となりました。しかし、北京オリンピックでは、1000分の14秒間沈まなければいけませんでした。

太田:この1000分の13秒の差が僕らにとってはものすごく大きな差で、突いても全然得点が付かなかったんです。突いたときに、1000分の14秒間、ぐぅーっと押し続けないといけないんですね。これは僕が得意とする「振り込み」という背中を突く技があるんですけど、今までのやりかたでは全然付かないので、ここでほとんどの選手は「振り込み」をやめる選択をするんです。

しかし、太田さんは「付かないなら付くようになるまでやろう」と思い、「振り込み」の練習を続けます。そうすると、だんだん上達し、「振り込み」は太田さんの武器となりました。その後、ウクライナから来たコーチ、オレグ・マツェイチュクさんの指導を受けながら、北京オリンピックで見事、銀メダルを獲得します。

太田:僕がメダルを取れたということで、次の世代が「自分たちの当たり前がメダルになった」ということが、すごく大きかったと思っています。

実査、太田さんが小学生の大会「太田雄貴杯」を開催した際、出場した小学生がインタビューで「太田選手が取れなかったオリンピックの金メダルを取ります!」と答えたそうです。

■団体で銀メダルを取ったとき…

最後に太田さんは、団体で成果を上げる素晴らしさについて、以下のように語りました。

太田:ロンドンを経て、一番感じたことは、団体の素晴らしさだったんですね。個人スポーツって自分がメダルを取ると、自分が評価してもらうので、一対一の関係なんですね。それが団体だと4人いるので、最初4分の1になるんじゃないかと思ってたんです。注目度とか、やってきた成果とかも含めて。でも、団体で銀メダルを獲得すると、個人の銀メダルよりも嬉しくて、「あれ? 北京の16倍、いや32倍は嬉しいな」みたいに、どんどん倍増していったときに、「人間の喜びの根源って共感なんだな」って気づいたんです。ご飯をひとりで食べるのと4人で食べるのどっちが楽しいっていったら、僕は4人だなって思います。

みんなでひとつの夢に向かって走った時間や体験、経験を共有できたということが、太田さんにとってロンドンピリンピックで一番の思い出であり、財産だと語りました。

次回5月25日(金)は、太田さんの引退決断の支えになった曲、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックへの思いを語ります。ぜひ続けてお聴きください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEIKO SOUND STORAGE』
放送日時:金曜 24時−24時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/soundstorage/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。