体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生き神様“クマリ”に会えるネパールのお祭り「インドラジャトラ」に参加してきた

生き神様“クマリ”に会えるネパールのお祭り「インドラジャトラ」に参加してきた

こんにちは!世界一周をしてきました、中山彰です!

僕の世界一周4カ国目、ネパール。

毎年9月ごろに行われるネパール最大級のお祭り「インドラジャトラ」に偶然にも遭遇することができました!

 

「インドラジャトラ」とは?


「インドラジャトラ」とは「インドラ神のお祭り」という意味で、毎月のように行われるネパールのお祭りの中でも最大級のお祭りです。インドラ神は豊穣の神様とされ、日本では「帝釈天」とも言われています。

またそれと同時に、亡くなった人を祭るお祭りも開催され、ネパールの歴史・宗教など様々な事柄を集約しているこのお祭りは8日間も続き、各国大使館の大使、ネパールの大統領や首相も参列するというほど国を挙げての大きなお祭りとなっています。

 

祭りが始まる

photo by Akira Nakayama

この木の柱が立ったら、祭りのスタートです!ちなみに、この木は祭りの間はずっと立ち続け、祭りが終わると近くの川に流すとか。

photo by Akira Nakayama

町の各地区の中心部には、このような神様へのお供え物が置かれます。

中にはリンゴやミカンなどの果物、ナッツ類、さらには乾燥したお米などが山のように積まれ、中心には川魚が置かれます。

ちなみにこれは祭りが終わり次第、住民に配られます。僕ももらって帰り道すがら喉の渇きに我慢しながら食べました。

photo by Akira Nakayama

町の中心部である、カトマンズのダルバール広場へ行ってみましょう。町中の人がお祭りを見たいということで広場に集結するので、警察が総動員で警備することは当然のこと。

なんとネパール軍まで総動員で警備にあたります。それをもってしても抑えきれていないのがこのお祭りなのです。

なにせ広場の中心はこの状態!!!

photo by Akira Nakayama

地元民曰く「10万人は広場に集まる」ということですが、実際1万人は優に超えているのではというほどにぎゅうぎゅう詰めの状態。

地震で崩壊した寺院もあり、柵で登れないようにしているのですが、そこはお祭り。

みんな柵を超え、崩れたがれきの上まで上がってみようと必死です!

photo by Akira Nakayama

こちらは、年に1回このお祭りの時だけにあらわれるセトバイラブ神1の像。なんと夜になると口からお酒が出るということで、お酒を飲みたさに若者が我先にと争い、引きずり降ろしては引きずり降ろされ、けんかになる始末。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。