体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

疲れた夜は、茹でるだけの「手抜きパスタ」で決まり!

疲れた夜は、茹でるだけの「手抜きパスタ」で決まり!

都会に住む私たちは忙しい。仕事に遊びに、時間がいくらあっても足りない。だからこそ「時短レシピ」というワードにはついつい惹かれてしまう。

Food52」にレシピを提供するGenius Recipesは、そんな多忙な都会っ子の強き味方。というのも、パスタをたったの9分で、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技を紹介してくれるのだから。

水をあらかじめ沸かす必要もなし!ソースも同じ鍋で完結。
これなら食器洗いも早く済むじゃん!助かるー。

調味料も具材もパスタも
まるごと一気にゆでるだけ

疲れた夜は、茹でるだけの「手抜きパスタ」で決まり!Photo by James Ransom

材料:4人分

リングイネ:340g

半分か1/4に切ったミニトマトあるいはグレープトマト:340g

玉ねぎ(薄くスライス):1個(2カップ程度)

ニンニク(薄くスライス):4片

唐辛子フレーク:小さじ1/2

バジル:2枝+飾り付け用に破いた葉っぱを数枚

エキストラバージンオリーブオイル:大さじ2(盛り付け用にも少量)

粗塩:適量

挽きたての黒こしょう:適量

水:4と1/2カップ

削りたてのパルメザンチーズ:盛り付け用

作り方

【1】パスタ、トマト、玉ねぎ、にんにく、唐辛子フレーク、バジル、油、塩小さじ2、唐辛子小さじ1/4、水をすべて底が平らな大きめの鍋に入れる(リングイネは平らに並べる)。

【2】具材を強火で茹でる。沸騰してきたら、トングもしくはフォークでパスタをよくかき混ぜる。リングイネがアルデンテになり、水が蒸発するまで、9分ほど火にかける。

【3】塩こしょうで味つけをしたら、4つのボウルに盛り分けて、それぞれにバジルを飾りつけ、オリーブオイルとパルメザンをかけたらできあがり。

鍋ひとつあれば、あっという間につくれるこのパスタ(水を先にゆでる必要もなし!)。ソースまで手づくりなのに、掛かった時間は約10分!ちなみにこのメニューは「Martha Stewart Living」(2013年6月号)に掲載されていたレシピを応用したもの。 Written by Genius RecipesLicensed material used with permission by Food52

More contents from Food52:
Craig Claiborne’s Pasta con Asparagi
Pasta with Prosciutto, Snap Peas, Mint and Cream

関連記事リンク(外部サイト)

モバイルサイズの「パスタ図鑑」
自家製「生パスタ」なんて、夢のまた夢だと思ってた。
断然コメ派!に伝えたい。雪国発の「ショートパスタ」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。