体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラリオン、Android Autoをサポートした9型車載AVナビ「Smart Access リンク 9型HD」を発表

カーオーディオメーカーのクラリオンが Android Auto をサポートした車載 AV 端末「Smart Access リンク 9 型 HD」を発表しました。
発売時期は 7 月上旬です。
「Smart Access リンク 9 型 HD」 は、スマートフォンで事前にルート検索できて、アプリを使って登録したナビを実行する「Door to Door ナビゲーション」に対応した多機能車載 AV 端末で、GPS(みちびき対応)ナビゲーションの他、地デジや DVD の視聴、様々な方法での音楽視聴も可能です。
音楽についてはハイレゾ再生にも対応しています。
ディスプレイは 9 インチ 1,280 x 720 ピクセルで、静電容量式のタッチパネルを搭載しており、Wi-Fi や Bluetooth のワイヤレス接続に対応しています。
一番の売りは、Door to Door ナビゲーション機能で、これは、出発前にスマートフォンアプリで出発地点から目的地までの徒歩を含む移動ルートや駐車場をナビに設定できる機能で、移動前にルート調べを完了でき、車から降りてもスマートフォンのナビで目的地まで誘導します。
もちろん Android Auto に対応しており、Android Auto をサポートしたスマートフォンを接続すると、様々な Android アプリをナビ画面に適した UI で使用することができます。
Source : クラリオン

■関連記事
シャープ、SIMフリーの18:9スマホ「AQUOS sense plus」を発表
$99なのに機械式ジンバル付き1080pカメラ、GPS/GLONASS対応、28分フライトの「PEIBO Vitus Lite」が発売
Android版GboardでGIFアニメーションの自作が可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。