体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

$99なのに機械式ジンバル付き1080pカメラ、GPS/GLONASS対応、28分フライトの「PEIBO Vitus Lite」が発売

2 軸機械式ジンバル付きの 1080p カメラやブラシレスモーターを搭載し、GPS に対応し、5,200mAh バッテリーで 28 分間もフライトできるスペックを持ちながらも、なんと $99.99 という目を疑うほど安い高性能ドローン「PEIBO Vitus Lite」が米国で発売されました。
スペック的には少なくとも DJI Spark は上回っているように見え、そういったドローンは通常なら最低でも $300 はします。
それがたったの $99.99 とは驚率直に驚いています。
YouTube には開封動画も上がっているので、販売も実際に行われている模様です。
外観は Bebop 2 のようなデザインを採用しており、同梱の送信機では 500m の範囲でしか飛ばせませんが、送信機には液晶モニタがビルトインしており、HD 画質で FPV ビデオを見られるようになっています。
機能面では、RTH やフォローミーはもちろん、ハンドジェスチャーによるセルフィー撮影、ウェイポイントフライト、ポイントオブインタレストをサポートしており、AR ゲームで遊べる機能も付いています。
フルスペックは公開されておらず、WEB サイトの表記にも食い違う部分が少しあります。
例えば 3 軸ジンバルや 4K カメラを搭載している、という表記はたぶん誤記です。
Source : PEIBO

■関連記事
シャープ、SIMフリーの18:9スマホ「AQUOS sense plus」を発表
Android版GboardでGIFアニメーションの自作が可能に
Y!mobile、Android One X2をAndroid 8.1にアップデート開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。