体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

少なく見積もっても「1台6役」の充電ガジェット

少なく見積もっても「1台6役」の充電ガジェット

iPhone用や一眼レフ用の充電ケーブルをそれぞれ束ねて、バックパックにしまっている人って、たくさんいると思う。とくに旅に出るとき。

僕もその一人だから分かるけれど、正直、面倒だと感じるのは数えるほどしかない。

でも、ここで紹介する「KableCARD」のスペックを知ったら、だんだんと束ねたりほどいたりする行為が無駄に思ってしまうかもしれない。一つ持っていれば、いろいろなシーンで活躍してくれるようだ。

1つ持っているだけで
荷物がスッキリ

少なく見積もっても「1台6役」の充電ガジェット

「KableCARD」には、特定のパソコンやスマホを充電できるUSB Type-Cケーブルが1本付いている。これを基本として、主にApple製品を充電するときに使うLightningケーブルやmicroUSBケーブルに変身させるアダプターがそなわっている。

USBと言われたときに真っ先に思い浮かべるだろうType-Aにも、もちろん変換できる。結果的に6通りの使い方ができるとのこと。

また、USBメモリにもなり、ワイヤレス充電器にもなったりする。

クレジットカードと同じくらいのサイズだから財布に入れておけて、nanoSIMカードをしまっておけるスペースがあるので、頻繁に旅をする人には嬉しいデザインだ。

今まではゴムでケーブルを束ねるのが面倒に感じる機会はあまりなかったけど、「KableCARD」を使い始めたら、もう後戻りはできないかもしれない。Licensed material used with permission by Card

関連記事リンク(外部サイト)

「置く」という動作さえ不要になる、近未来のワイヤレス充電器。
少なく見積もっても「1台5役」のスマートテーブル。
ポケットに入れるだけでスマホを充電してくれる「バックパック」。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。