体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

欲しい車を探すとなぜかいつもたどり着く。そんなお店にスチャダラパーBoseが潜入

▲ルノーサンクもBoseさんがカーセンサーでよくチェックする車種のひとつ。「するとやっぱりこのお店の名前が出てくるんだ」

正体はネオクラシックな欧州コンパクトを得意とするお店だった!

1990年のデビュー以来、日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパー。中古車マニアでもあるMC、Boseが『カーセンサーnet』を見て触手が動いたDEEPでUNDERGROUNDな中古車を実際にお店まで見に行く不定期連載! 今回は1990年代~2000年代のちょっとマニアックなヨーロッパ車をチェック!!

「カーセンサーで好きな車を検索するとさ、なぜか頻繁に同じお店が表示されることってない? 今回お邪魔するエーゼット オート横浜はまさにそんなお店のひとつ。いつカーセンサーを見ても、どんな車を検索してもヒョコッと出てくるんだ」

Boseさんがカーセンサーnetでよく見ているのは1990年代の欧州コンパクト。エーゼット オートはその筋では有名な、1980年代~2000年代のマニアックな欧州車を得意とするショップだ。Boseさんの検索にひっかかってくるのもうなずける。

「別に僕はマニアックなモデルを探しているつもりはないんだけどね。でもあまりにもよくヒットするからエーゼット オートの在庫をのぞいてみると……『この車、あったねえ。懐かしい!』というのがたくさん置いてある。だから一度お店に行ってみたいと思っていたんだよね」

▲お店には気になる車がたくさん! ついつい運転席に座ってみたくなる

そして取材当日。出迎えてくれた岩原社長にいろいろと質問するBoseさん。社長は1995年にエーゼット オートをオープンさせる前まで、アルファロメオやプジョーのディーラーで働いていた。

その頃からの付き合いもあり、ディーラーが認定中古車としては出せない年式の車を下取りすると、社長に「おもしろい車が入庫したよ」と連絡が入るのだ。そして社長はそれらをついつい仕入れてしまい、気づけばお店に90年代~00年代の車がたくさん並ぶようになったのだという。

ちなみに社長が好きな車は、本国で年配の方が普通に乗っている車。「向こうの人はうるさいからね。ベースモデルがしっかりしていないとすぐ文句を言う。だから向こうのメーカーは小さくてもしっかりした車を作っているんだ」と話す。

「うわ~。僕も社長の趣味とまったく一緒。パワーウインドウやフルオートエアコンなどの快適装備が一切ない素のマニュアルグレードが一番いいんだよね。でも日本車が小さくてもいろんな装備が付いているから、それに対抗するために向こうの上級グレードしか入ってこないんだよ。色も日本人好みの無難な色が中心。本国にはかわいい色がたくさんあるのにね」

車の趣味が合い話が盛り上がる2人。「店頭だけでなくヤードの方にもいろいろあるから見ておいで」という社長のお言葉に甘え、エーゼット オートでBoseさん好みの懐かしいモデルを探すことに。

シトロエン AX

▲1990年代に日本にも導入されたシトロエンAX

「AX、あったねえ。ちょっと前に目黒通りを車で走ってたら偶然AXを見かけて思わず話しかけちゃったよ。『調子どうすか?』って。そうしたらオーナーは『案外イケますよ』だって。そう。これくらいの年式でもシンプルだから案外イケちゃうんだよね。僕がエーゼット オートの在庫を見たときはGTIとTRS、2台のAXがあったはずなんだけど、今は在庫が1台だけ。つまり僕以外にもこういう車を探している人がいるってこと。ピンポイントで刺さっているんだよね」

シトロエン BXブレーク

▲1980年代~90年代に製造されたコンパクトなステーションワゴン
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。