体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【緊急事態】悪質反則の日大アメフト宮川泰介選手がすべて暴露「顔も声も名前も出す!」と断言 / 日大アメフト傷害事件の緊急記者会見

amefuto-miyakawa1

日大アメフト傷害事件が、とんでもない事態となっている。アメフト日本大 VS 関西学院大の定期戦が開催された際、日大選手が悪質なタックルなど複数の反則を繰り返し、被害選手が重大なダメージを追った事件は、警察に被害届を出される事態に発展したが、さらなる衝撃的な展開となっている。

・顔も声も名前も包み隠さず出す!
悪質反則の日大アメフト選手が記者会見をし、その場で「顔も声も名前も包み隠さず出す!」と断言していることが判明したのである。これはマスコミ関係者が事前に情報を得たもので、悪質反則の日大アメフト選手がすべてを暴露する予定であることがわかる。

・完全なる悪として報じられている
監督の指示で反則行為をしたとの情報が出ているが、その真実がこの記者会見で判明すると思われる。現在のところ、悪質反則の日大アメフト選手は完全なる悪として報じられているが、誰かの指示であったり、他の意思によって「そうせざるを得ない状況」だった可能性もある。

・罪を軽減することは可能か
しかしながら、刑法的に、たとえ誰かの指示で悪質反則をしていたとしても、この日大アメフト選手が罪から逃れることはない。実行犯としての「現実」が突きつけられるからだ。しかし記者会見で自身の意思を暴露することにより、その罪を軽減することは可能かもしれない。

・彼も被害者の一人
スポーツ内での事故ではなく、事件としての捜査が進むといわれているこの騒動。たとえスポーツでも、意図的に相手を傷つける行為は傷害罪として立憲されても仕方がない。はたして、悪質反則の日大アメフト選手にどのような裁きが下されるのか、大きな注目が集まっている。そう、彼も被害者の一人なのかもしれないのだから。

もっと詳しく読む: 悪質反則の日大アメフト選手がすべて暴露「顔も声も名前も出す!」と断言 / 緊急記者会見(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/05/22/amefuto-nichidai-news/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。