体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山口智充と浦浜アリサ、青空の下でのバーベキューに大興奮!

山口智充と浦浜アリサ、青空の下でのバーベキューに大興奮!
J-WAVEで放送中の番組『TOYOTA DRIVE IN JAPAN』(ナビゲーター:山口智充・浦浜アリサ)。5月は千葉県いすみ市「大原オートキャンプインそとぼう」へドライブ! 18日(金)のオンエアでは、目的地に到着してバーベキューを楽しむ模様をお届けしました。

■バーベキューを堪能!

「大原オートキャンプインそとぼう」は、車が入れる場所が60区画。そのうち、電源付きが20区画あります。ひと区画は、およそ10メートル×10メートルで、ペット連れもOK。お湯が使える炊事場、温水シャワー、ウォシュレット付きのトイレもあり、周囲にはスーパー、ホームセンター、温泉施設もあります。

機材を設営して準備が整い、いよいよバーベキュー開始! まずは、チキンからいただきました。

山口:うまーい! 皮のパリパリ感、すごいわ!
浦浜:炭焼きって、なんでこんなにうまいんだろう。
山口:余分な油を落として、味を凝縮させるんだろうね。

続いていただいたソーセージは、外側はパッキパキ、内側はジュワジュワです。「炭火の香ばしさがおいしかった。鼻から抜ける最高の味でした!」と山口は感想を述べました。

DriveInJapan003.jpg DriveInJapan002.jpg

青空の下でのバーベキュー。耳をすませば波の音も鳥のさえずりも聞こえて、最高のBGMになります。ドライブに使用したトヨタ「ハイラックス」は、荷物がたくさん積める車なので、車内から機材を出して、車のそばでバーベキューが楽しめるのも魅力的です。

DriveInJapan004.jpg

浦浜:やっぱり、車がないとできない遊びですよね。
山口:荷物をガンガン積んで、車から出すことが楽しいよね。車から下ろして準備して。
浦浜:ハイラックスも込みでキャンプをしている感じです。
山口:“青空ガレージ”みたいな感じで。自分の好きなものをまわりに置いて、自分の基地を作る感じがいいな!

DriveInJapan006.jpg

■写真を撮りたくなる外房

ふたりとも、キャンプをしっかり堪能していました。実は今年「第6回CampingCar the Award」を受賞した山口。「自分の理想のキャンプができる男に、どんどん近づいていきたいと思います」と語りました。 

オートキャンプ場をあとにしたふたりは、せっかくなので、もう少し外房を楽しみ、写真を撮ることにしました。「外房は、どこで撮っても気持ちのいい絵になると思う」と山口は言います。さらにドライブを続けて、とある場所に到着! 果たしてどこに行ったのでしょうか? この続きは、次回(25日)の放送でお届けします。

DriveInJapan005.jpg

番組のフェイスブックとインスタグラムには、今回のバーベキューの写真も公開されています。ぜひ、ご覧ください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『TOYOTA DRIVE IN JAPAN』
放送日時:金曜 16時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/driveinjapan/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。