体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メーガン・マークルの結婚式のゴージャスなアップスタイルを再現する方法

メーガン・マークルの結婚式のゴージャスなアップスタイルを再現する方法

メーガン・マークルの結婚式の装いは、カスタムのウェディングドレス(ジバンシィとステラ・マッカートニー)からウェディングブーケ(ハリー王子がケンジントン宮殿の庭で摘んだ花が含まれている)に至るまで、世界中の新婦の大きな刺激になっている。

今回のロイヤルウェディングはあらゆる点において完璧に執り行われたと言っても過言ではなく、十年に一度というほどの結婚式は予想に違わぬ素晴らしさだった。

中でもとりわけ目を引いたのは、英王室の伝統を破ったメーガンの髪形だ。

王室の新婦の髪形といえば、長い髪にゆるいカールを付けたブロースタイル(と、もちろんティアラ)がおなじみだが、ざっくばらんで控えめな振る舞いが魅力の女性らしく、メーガンはゆるいアップスタイルを選択したのだ。

そこで今回、芸能人御用達のヘアスタイリスト、アーセン・ガーゴフ氏に、メーガンの上品でゴージャスなスタイルを自分で再現する手順を教えてもらった。新婦の皆さん、ぜひご参考に!

メーガンの完璧なアップスタイルを作る手順:
1. 前髪と後ろ髪を分ける。前髪は、生え際から指5本分後ろの、頭頂部の直前まで、耳より前の髪を取り分ける。後ろ髪は、頭頂部で逆毛を立てて少しボリュームを出し、左右に分ける。

2. 前髪を4ブロックに分け、それぞれを太さ32mmのカールアイロンで髪を上げるようにカールする。前髪を後ろに流すのが目的なので、アイロンは無造作に当てればOK。

3. カールが付いたら手ぐしでとき、スタイリングスプレーで髪を湿らせてから、ソフトスプレーをかける。

4. シニョンを作る。後ろ髪をねじり、上に巻き上げてヘアピンで留める。整えてスプレーする。

5. 前髪の下側の2ブロックをふんわりと後ろに持っていく。シニョンの上で交差させて継ぎ目を隠し、ピンで留める。

6. 残りの2ブロックを取り、ソフトスプレーを軽くかける。耳の後ろに持っていき、毛先を後ろ髪の中にまとめる。

7. 前髪の生え際を何カ所か遊ばせて雰囲気を出す。

8. プリンセスのような美しいアップスタイルが完成。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

世界で最も収入の高い君主ランキングが発表!
『スーパーマン』でヒロイン役を演じたマーゴット・キダー、69歳で死去
ベネディクト・カンバーバッチ、男女のギャラが平等でなければ仕事を断るよう俳優陣に呼びかける
ケイティ・ペリー、『アメリカン・アイドル』生放送中に司会者から口説かれる!?
『ゲーム・オブ・スローンズ』マウンテン役が「世界最強の男」に!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。