体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メンバーやチームメイトがピンチの時、読んでもらいたい大人絵本とは…

メンバーやチームメイトがピンチの時、読んでもらいたい大人絵本とは…

TOKIOの山口達也様の騒動が話題でございました。騒動を受け、山口様を除くTOKIOのメンバーの記者会見もございましたが、見ていて心が痛くなる会見でございました。

仲間のトラブル、残されたメンバーは大変でございます。グループ、チームで活動することの大変さ、難しさを改めて痛感いたしました。以前、同じジャニーズのグループでもございました。スポーツ界でもございます。野球部員の不祥事でチームが大会に出場できなくなる、そんなこともございます。メンバー、チームメイトがトラブった時、仲間としてどう対応すればいいのか…、とても難しい問題でございます。

具体的な解決法が記されたビジネス書や自己啓発系の書籍もあるかと存じますが、今回は読んだ後、単純に仲間っていいなぁと感じられる絵本をご紹介させて頂きます。もちろん、教訓めいた子ども向けのお話ではなく、オチが秀逸で大人が最後に「なるほど、こうきたか…」と思える大人絵本を選書いたしました。くじらさんのーたーめならえんやこーら (チューリップえほんシリーズ) 大型本
Amazon.co.jpより

「くじらさんのーたーめならえんやこーら」(作:内田 麟太郎 絵:山村 浩二)

大きな氷山の上になぜかクジラの姿が…。さらに、その周りには、たくさんのペンギンたち、たくさんのアザラシたち、たくさんのシロクマたち。一体何が起こったのか…。すると、「くじらさんのーたーめならえんやこーら」の掛け声でペンギンたちが続々と海に飛び込んでいくのでございます。これから一体何が起こるのか…。何が起こったのか、何が起こるのか、最後にスッキリきれいに解決してくれる物語でございます。

絵も素敵でございます。ちなみに絵を担当されている山村様、絵本作家だけでなくアニメーション作家としても有名でございます。「頭山」はアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネート、国際的な受賞は60を超えております。

そして、もう一冊。ワニあなぼこほる (こどもプレス) 大型本 
Amazon.co.jpより

「ワニあなぼこほる」(作・絵:石井 聖岳)

こちらは、絵が癒し系で大人からの人気も高い人気絵本作家の石井聖岳様の絵本でございます。ちなみに、石井様のデビュー作は、「くじらさんのーたーめならえんやこーら」の作者、内田麟太郎様が文を担当した作品「つれたつれた」でございます。小生も大好きな作品でございます。

こちらの「ワニあなぼこほる」は、文章も少なく、オノマトペ(擬態語)が多いため、幼児向きと思われがちですが、実は大人のファンが多い作品でございます。たぶん、最後のオチにやられた感があるのがその理由ではないかと…

一体どんな内容なのかというと、「ガリガリ ボリボリ ザクザク ズドドド」「あなぼこ あなぼこ あなぼこー!」、とにかく、ワニが穴を掘りまくる物語でございます。穴を掘って、いったい何が起こるのか…。最後までドキドキしながら楽しめるお話でございます。

メンバー、チームメイト、仲間の問題で悩んでいる方に読んで頂きたい絵本でございます。さらりと読めて、それでいて、仲間っていいなぁ、と思える絵本でございます。もちろん、悩んでいなくても、スポーツチーム等に所属されているお子様にもオススメでございます。

できれば、TOKIOのメンバーの皆様にも読んで頂きたいと…。

(文:N田N昌)

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。