体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

満足度100%!?噂の「プログラミング教育」が手軽に楽しめる『カードでピピッとはじめてのプログラミングカー』で未就学児と遊んでみた!!

最近、よく耳にする「プログラミング」とは“目的を実現するための手順を論理的に考える”こと。2020年から小学校で必修化されることが決まっており、ますます注目度が高まっている。そんな「プログラミング的思考」を楽しく培える知育玩具『はじめてのプログラミングカー』の満足度が高いと評判だ。

ゴールまでの道筋を論理的考える力=プログラミング的思考を伸ばす!

株式会社学研ステイフル『はじめてのプログラミングカー』(希望小売価格 税込6,458円・2018年4月23日発売)は、「やり抜く力・ことば化する力・論理的に考える力」が身に付く知育玩具。

「プログラミング教育」というと、パソコンを扱うプログラマーになるための教育…と勘違いしがちだが、“プログラミング的思考=目的を達成するための道筋を論理的考えること”で、どの教科、どの職業にも役立つ力。「プログラミング教育」とは、その思考力を伸ばすための教育なのだ。

 

近年ではプログラミング玩具が人気を呼んでいるが、その多くはスマホやパソコンを使うもの。一方『はじめてのプログラミングカー』は、それらを使わずに遊ぶことができるシンプルな玩具で、同社が実施した体験者へのアンケートでは「お子様は楽しそうに遊べていましたか」という問いに対して、「楽しく遊べていた」が100%という驚きの結果が出たのだとか。

 

そんなに楽しいなら、是非ともやってみたい! ということで、5歳(年長)、8歳(小3)の息子とともに遊んでみよう。

体験者満足度100%は本当か!? 子どもたちが遊んでみると…

箱を開封すると、取扱説明書のほか「くるま」「ぼうけんマップ」「めいれいカード」「めいれいタグ」「カードボード」、収納袋が入っている。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。