体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東野圭吾の異色作を三池崇史監督×櫻井翔主演で映画化

1805221

東野圭吾の同名作品を、約4年ぶりとなる櫻井翔の映画単独主演で映画化した『ラプラスの魔女』が公開中。

とある温泉地で、初老の男性が硫化水素中毒により死亡する事故が発生。地球科学の専門家・青江は警察からの依頼で現場の調査を行うが、「気象条件の安定しない屋外で、致死量の硫化水素ガスを吸引させる計画殺人は実行不可能」と断定し、事件性を否定した。しかし、その数日後。別の地方都市でも硫化水素中毒による死亡事故が発生し、さらに先の事故と被害者同士が知人同士であったことが判明する──。

自然現象を利用した”完全犯罪”を描く、異色ミステリー。事件の鍵を握るメインキャストを演じた広瀬すず、福士蒼汰ら若手俳優陣の競演にも注目を。

ラプラスの魔女
監督:三池崇史
出演:櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰 ほか
(2018年/日本)
公開中
©2018「ラプラスの魔女」製作委員会
http://www.lapl

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。