体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤塚不二夫没後10周年 〈フジオロックフェス〉開催なのだ

赤塚不二夫没後10周年 〈フジオロックフェス〉開催なのだ

赤塚不二夫没後10周年にあたる今年、命日とその前日の8月1日(水)と2日(木)に東京・恵比寿ガーデンプレイスにて音楽と落語の融合イベント〈フジオロックフェスティバル2018〉が開催されることが決定した。

『天才バカボン』『おそ松くん』『もーれつア太郎』など、数々のギャグ漫画の名作を生み出した赤塚不二夫がこの世を去って10年。「ウケるためなら死んでもいい」との名言を残し、一生をかけてギャグをやりきった故・赤塚不二夫の意志を受け継ぎ、命日にみんなで「バカ騒ぎ」するイベント、フジロックならぬフジオロックフェスを開催。

8月1日と2日の両日に開催される「ボツ10年ライブ」には電気グルーヴ、大友良英スペシャルビッグバンド + 芳垣安洋に、昨年同所で開催された赤塚不二夫生誕80年記念・バカ田大学祭ライブにも出演したTHE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)、矢野顕子の参加が決定。

8月1日(水)の昼と夜に開かれる「落語:フジオ10年分のおバカ寄席」には柳家喬太郎(昼)、春風亭昇太(夜)をはじめ錚々たる落語家が出演する。8月1日と2日の両日には恵比寿ガーデンプレイス内で”日本一バカな仲間たちとやる日本一バカな盆踊り”「バカ盆踊り」も開催。色とりどりの提灯が張り巡らせたガーデンプレイス内には特設の櫓も組まれ、本イベントのために作られた大友良英の「フジオ音頭」を初公開も予定されている。

また、好きな名前と赤塚不二夫キャラクターを入れて、当日会場内に吊られるオリジナル提灯が作れる「バカ盆踊り」開催の支援プロジェクトのクラウドファンディングサービスも開始となっている。

赤塚不二夫没後10周年を偲んで「バカ騒ぎ」する2日間の「フジオロックフェスティバル2018」。LIVE、落語各公演のチケットは6月16日の一般発売に先駆け、5月22日(木)より先行販売がスタート。詳細はオフィシャル・ウェブサイトを参照してほしい。(岡)。

・フジオロックフェスティバル 2018/公式サイト
https://fujio-botsu10nen.jp/fujiorock
・フジオロックフェスティバル 2018/クラウドファンディング支援サイト
https://readyfor.jp/projects/fujiorock2018

イベント情報
〈フジオロックフェスティバル 2018〉
2018年8月1日(水)2日(木)恵比寿ガーデンプレイス(落語:ザ・ガーデンルーム/LIVE:ザ・ガーデンホール)
公演内容/出演者:
▶LIVE:ボツ10年ライブ
8月1日(水)
出演:電気グルーヴ、大友良英スペシャルビッグバンド + 芳垣安洋 and more…
8月2日(木)
THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)、矢野顕子 and more…
▶落語:フジオ10年分のおバカ寄席
昼席なのだ:8月1日(水)開場12:30/開演13:00(終演予定16:00)
主任 柳家喬太郎/他 寒空はだか、林家彦いち、三遊亭白鳥、清水宏、立川吉笑
夜席なのだ:8月1日(水)開場16:30/開演17:00 (終演予定 20:00)
主任 春風亭昇太/他 寒空はだか、桃月庵白酒、立川生志、水道橋博士、柳家わさび
※出演者・開催時間に関しては、変更になる場合がございます。
▶日本一バカな仲間たちとやる日本一バカな盆踊り「バカ盆踊り」
日時:8月1日(水)&2日(木)
会場:恵比寿ガーデンプレイス(荒天の場合、一部コンテンツが中止になる場合がございます。)
参加費:無料
▶チケット価格:
フジオ10年分のおバカ寄席(自由席/税込):昼席なのだ 4,800円/夜席なのだ  4,800円
ボツ10年ライブ(スタンディング/税込):8月1日(水)7,800円/8月2日(木)7,800円
※全チケット来場特典グッズ付き(オリジナル扇子)。特典グッズの引き換えはイベント当日に会場にて行います。
▶チケット発売日
プレイガイド先着販売:5月22日(火) 12:00~5月31日(木) 23:59
一般販売(先着):6月16日(土)12:00~

©赤塚不二夫/フジオプロ

赤塚不二夫没後10周年 〈フジオロックフェス〉開催なのだ 赤塚不二夫没後10周年 〈フジオロックフェス〉開催なのだ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。