体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オンもオフもハイブリッドに楽しむ人のために。表参道で体験型イベント開催

オンもオフもハイブリッドに楽しむ人のために。表参道で体験型イベント開催

 会社に出社して仕事を行うだけでなく、自宅や出かけた先でノマドワークを行う人が増えてきました。今までは会社という「オンの場所」に行くことが「仕事」だったのが、場所に縛られずにプライベートのオフタイムと仕事モードのオンタイムを自在に行き来する、新しい「仕事」のあり方が出てきた感じです。そんな複数のモードを両立する生き方を提案する、体験型のイベントが2018年5月22日・23日の両日、東京・表参道で開催されます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「#AmexLife」と題されたこのイベントは、クレジットカードのアメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.がプロデュースするもの。仕事とプライベート、どちらも全力で楽しんで生活する生き方を「ハイブリッドライフ」と命名し、ハイブリッドなあり方の一部を体験してもらおうというものです。

 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.の副社長・法人事業部門ジェネラルマネージャーの須藤靖洋さんによると、個人向けとして始まったアメリカン・エキスプレスのカードは、徐々に法人会員も増え、現在の発行枚数は、個人会員と法人会員がほぼ半数に近くなっているとのこと。プライベートの生活でカードを使うのはもちろん、ビジネスでもカードを利用する場面が増えているんだそうです。仕事とプライベート、両方で利用されるカードとなったことから、2018年5月14日から「そう、人生には、これがいる。(DON’T live life WITHOUT IT)」という新しいグローバル・ブランドキャンペーンを開始し、2種類のテレビCMをオンエア。どちらの場面でも後ろから支えるカードでありたい、というメッセージを発信することにしたといいます。

 オンもオフも両立(ハイブリッド)、という生き方ってどういうもの?という一例を、イベントで体験して「どっちも目いっぱい、欲張りに楽しみましょうよ!」と思ってもらえれば、というのが「#AmexLife」の趣旨。会場は表参道キャットストリート近くのBA-TSU ART GALLERYです。入り口はアメリカン・エキスプレスの世界に入っていくような、トンネル状の空間になっています。


 中に入ると、1階はフリーフード&ドリンクを楽しめる空間となっています。もちろんただのフードとドリンクではなく、ハイブリッドなもの。見た目や味わいが不思議な、ひとひねりあるものがそろっています。


 「NOSTALGIA OYSTER LEAF」と題されたものは、牡蠣(オイスター)は使っていないのに、まるで牡蠣を食べているような味わいが得られるという不思議なゼリー。一見牡蠣殻に盛られたわらび餅のような感じなのですが、口にしてみれば確かに牡蠣のような味わい。かといってそれほど磯臭くもないというのが面白いですね。

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。