体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テスラ「モデル3」デュアルモーター全輪駆動は0~96km/h加速が3.5秒!

電気自動車メーカー、テスラ社のイーロン・マスクCEOはこのほど、モデル3のデュアルモーター搭載全輪駆動(AWD)タイプの詳細をツイッターで明らかにした。

前後にモーターを2つ搭載することでパワーアップし、0~96km/hの加速はわずか3.5秒。マスク氏は「加速やハンドリングはBMWのM3より15%優れている」とツイートしている。

・最高速度速約250キロ

モデル3はテスラ社初の量産モデル。これまではシングルモーターで2つのグレードを展開してきた。

今回マスク氏が明らかにしたデュアルモーターAWDは、トップスピード155mph(時速約250キロ)、航続距離は310マイル(約500キロ)という高性能ぶりだ。

・納車は7月から

気になるお値段はというと、7万8000ドル(約868万円)と明らかにされた。マスク氏によると、この設定はBMWのM3とほぼ同じながら、前述したように加速性能などはM3を上回り、「同クラスのどの車にも走りは負けない」と自信を見せている。

また、価格とともに関心が寄せられるのが生産体制だ。この点に関して、マスク氏はこのデュアルモーターバージョンの納車は7月から始まるだろう、としている。

これまでもたびたび生産体制の目標達成が後ろ倒しになってきた経緯があるだけに、スムーズに納車が始まるかはもう少し状況を見守る必要があるだろう。

Elon Musk/Twitter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。