体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おやつ感覚で食べたい、午後3時のサラダ

おやつ感覚で食べたい、午後3時のサラダ

ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。

Elizabeth Starkさんによる、いちごを使ったサラダを「Food52」より紹介します。おやつ感覚で食べたい、午後3時のサラダ

さまざまな食感と味が楽しめるこのサラダ、メインにもサイドにも最適ですが、ディナーに供するのがベスト、さあ試してみませんか?

材料:4人分

細かく切ったエシャロット(小):1個
レモンの皮からとった果汁:1個分
搾りたてのレモンジュース:1/4カップ
海塩:適量
エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル:1/4カップ
乾燥したファッロ:1/2カップ
ベーコン:225グラム
かぼちゃの種:1/4カップ
細いリボン状に切ったケール:1束
半分に切ったいちご:470グラム
黒こしょう:適量

作り方

【1】みじん切りしたエシャロットとレモンの皮からとった果汁、搾りたてのレモン果汁、海塩を小さなボウルに入れて混ぜる。乳化するようにオリーブオイルは素早く入れること。

【2】大きな鉄板を使って水を沸わかす。沸いてきたら、気持ち多めの海塩にファッロを投入、ファッロがアルデンテになるまで20分ほどグツグツ煮る。できたら水を切ってボウルに入れ、ドレッシングを半分入れて和える。

【3】ベーコンがカリカリになるまで中火で焼き、ペーパータオルを敷いたお皿に置く。触っても熱くない程度まで冷めてきたら、ベーコンを細かく切る。

【4】ベーコンの油は小さじ1杯分だけ残して、あとはすべてカボチャの種と一緒に和え、鉄板に入れて中火にかける。鉄板を軽く揺らしながらそれらが弾けてくるまで焼く。火から外して海塩をひとつまみ、チリパウダーを入れて、横に置いておく。

【5】中くらいのボウルにケールを入れて、残りのドレッシングに塩をひとつまみかけて、よく和える。

【6】きれいなボウルにドレッシングをかけたファッロとケールを入れる。トッピングには細かく切ったベーコン、焼いたカボチャの種、それからいちごを乗せる。味付けには海塩をひとつまみ、挽いた黒こしょうを。盛り付けが完成したら、すぐに召し上がれ。

温かいうちがベストだけど、冷蔵庫に入れておけば1〜2日はOK。塩は甘さを奪うので、いちごは出す直前に盛り付けること。Written by Elizabeth StarkLicensed material used with permission by Food52

More contents from Food52:
Lentil, Avocado, and Farro Salad
Quinoa and Farro Salad with Pickled Fennel

関連記事リンク(外部サイト)

「ポリポリ」と「もったり」の異食感がたまらない
サラダにのせる「クルトン」あれをジャガイモで代用
ステーキ肉さえ「脇役」にかえるサラダ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。