体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

奇抜なデザイン オプティカルフローで安定ホバリング「Eachine Windmill E014」が発売

普通のトイドローンからレーシングドローンまで様々なタイプのドローンを提供している Eachine から奇抜なデザインで高機能なセルフィートイドローン「Windmill E014」が発売されました。
Windmill E014 は機体重量 34g というとても小型で軽量なトイドローンで、本体フレームがプロペラガードの役割も担うという、初心者向けのドローンで度々見られるデザインを採用しています。
Banggood での価格は 5,333 円と普通のトイドローンクラスの安さですが、オプティカルフローセンサーを機体底部に装備しており、センサーなしのトイドローンと比較すると安定してホバリングします。
それだけでなく、手の平認識で機体を移動させることもオプティカルフローセンサーによって可能になっています。
機能面では他にも、3D フリップとロール、ハンドトス離陸が可能。
カメラは 720p@25fps でしか動画を撮影できませんが、カメラではバーストショットや写真のインターバル撮影も可能です。
トイドローンにしては機能が豊富です。
ただ、バッテリー容量が 300mAh しかなく、30 分間でフル充電できますが、フライト時間はわずか 5 分とされています。
Source : Banggood

■関連記事
OnePlus 6が背面シースルーのクリアバージョンに改造される
Android Pの新しいナビゲーションバーのデモ
Xperia XZ2でAndroid P DP2を試す

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。