体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【異国グルメ】チベット人の国民食「バター茶とツァンパ」を飲んでみよう / 富士山より高い場所で飲むお茶

lhasa13

チベットの名物グルメといえばバター茶である。ヤクという牛の仲間の乳脂肪と塩をお茶にくわえたもので、チベットを訪れる観光客の多くがバター茶を飲む。バター茶は非常にクセがあるテイストのため、好き嫌いがハッキリと別れる飲み物だ。

・ツァンパと呼ばれる粉
そんなバター茶だが、生粋のチベット人はバター茶と一緒にツァンパと呼ばれる粉を一緒に食べる。バター茶と混ぜるのではなく、ツァンパをスプーンで口に含んだら、すぐにバター茶を飲んで、口の中で混ぜ合わせてその味を楽しむ方式。

lhasa9
lhasa7
lhasa8
lhasa18
lhasa5
lhasa11
lhasa13
lhasa12

・きな粉に非常に良く似た食感
ツァンパは大麦の仲間であるハダカムギの粉で、日本でいうところのきな粉に非常に良く似た食感。それゆえ、ツァンパを口に含むと水分が吸い取られ、咳き込むこともあるので注意が必要だ。

ツァンパを口に含んだら呼吸を止め、バター茶を流し込むべし。

lhasa3
lhasa4
lhasa6
lhasa10
lhasa1

・太陽光加熱装置が活躍
チベットは非常に資源が少ない地域で、お湯やバター茶を温めるためのエネルギーは太陽光から得ており、非常にローテクノロジーだが太陽光加熱装置は重宝されている。もしチベットに行く機会があれば、ぜひとも食べてみてほしいグルメのひとつだ。

ちなみにチベットの多くの地域が4000メートル維持用の高い場所に位置しているため、高山病対策は万全にして挑みたい。

もっと詳しく読む: チベット人の国民食「バター茶とツァンパ」を飲んでみよう / 富士山より高い場所で飲むお茶(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2018/05/21/tibetan-butter-tea/

Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。