体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「第13回 東京蚤の市」今週末に迫る! 北欧市・豆皿市のほか新エリア台湾小路が登場

13th-tokyonominoichi_01

2018年5月26日(土)・27日(日)の2日間、東京・調布の「東京オーヴァル京王閣」にて「第13回 東京蚤の市」が開催されます。

全国・世界から約240組の出店者が集まる東京でも最大規模のマーケットイベント。毎年、春と秋の2回ずつ開催され、回を追うごとに進化を続けています。

出展ジャンルは古道具、古書、古着、照明、花、ワークショップ、フード類、リュックサック、エンターテイメントと幅広く、誰もがきっと気になるブースを見つけられるはず。

人気企画の「東京北欧市」「東京豆皿市&箸置き市」も同時開催されるほか、新エリアとして台湾をテーマにした「台湾小路」が初登場します。食だけでなく、様々な角度から台湾の文化を紹介するそう。

気持ちの良い芝生の上で開催されるのも東京蚤の市の特徴。ピクニックを兼ねて訪れるたくさんの家族連れのために、今回はキッズ向けのエンタメも大幅に拡大されました。

お買い物好きだけでなく、幅広い世代の方が思い思いに楽しめる。そんな懐の広さが東京蚤の市の魅力。初めての方も、リピーターの方も、パワーアップした東京蚤の市にぜひ訪れてみてください。

13th-tokyonominoichi_04 13th-tokyonominoichi_06 13th-tokyonominoichi_08 13th-tokyonominoichi_03 13th-tokyonominoichi_05 13th-tokyonominoichi_07

第13回 東京蚤の市

会期:2018年5月26日(土) 9:00~18:00

2018年5月27日(日) 9:00~17:00

※雨天決行

会場:東京オーヴァル京王閣/東京都調布市多摩川4-31-1

入場料:500円(小学生以下無料)

※京王線「京王多摩川駅」臨時改札口すぐ

詳細:http://tokyonominoichi.com/2018_spring/

▽同時開催 東京北欧市

会期:2018年5月26日(土) 9:00~18:00

2018年5月27日(日 )9:00~17:00

会場:東京オーヴァル京王閣

入場料:500円(小学生以下無料)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

「第10回モノマチ」は過去最多規模! 175組の作り手や飲食店が参加
30店舗以上が出店「柏の葉 蚤ノ市」はインダストリアルな倉庫をイメージ
サローネレポートも! トークイベント「長山智美さんに聞く10の質問」広島に巡回

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。