体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「SHOWROOM」を支えるエンジニアたち―CTO佐々木が仕掛けるイノベーション・ブーストとは

「SHOWROOM」を支えるエンジニアたち―CTO佐々木が仕掛けるイノベーション・ブーストとは

アイドルやタレント、アーティストなどが配信する番組が無料で視聴でき、ギフティングやコメントで応援ができる仮想ライブ空間「SHOWROOM」。サービス開始以来まだ4年だが、いまや登録ユーザーが150万人を超える国内有数の動画配信プラットフォームに成長した。それを技術で支えるエンジニアたちは次に何を仕掛けようとしているのか。SHOWROOM CTO佐々木康伸氏の話を聞いた。


頑張るアーティストを、ファンが一体となって応援できるプラットフォーム

仮想ライブ空間「SHOWROOM」に出演するのは、まだ有名ではないが将来の可能性を感じさせる、綺羅星のような才能たちだ。

番組はほとんどがリアルタイム配信の生放送で、演者と視聴者が同じ時間を共有することで生じるインタラクションや臨場感、アーティストとの一体感が高いファンエンゲージメントを生んでいる。

仮想ライブ空間「SHOWROOM」のライブ配信画面

オーディションなどのイベントも随時開催され、各プロダクションと業務提携したイベントや共同オーディションではメディアへの掲載権や出演権、楽曲提供などの特典が得られるものもある。出演する側、応援する側双方が参加して、一つのリアルドラマを体験できるという仕掛けだ。

このサービス『SHOWROOM』を手がけるのは、佐々木康伸氏。モンスター・ラボなどを経由して2010年にDeNAに入社後は「Mobage」の開発・運用や音楽アプリ「Groovy」の開発に携わった。SHOWROOMプロジェクトに関与するようになったのは2013年の春頃。現SHOWROOM代表取締役の前田裕二氏に呼ばれ、技術担当に任命された。

「まずは前田と一緒に事業コンセプトを練るところから始めました。今はアーティストも頑張れば必ず売れるという時代じゃない。ライブだけいればいいという時代でもない。ただ、面白い動画配信プラットフォームを提供できれば、必死で努力している人たちを応援することはできるんじゃないか。夢のある事業だと思いましたね」

SHOWROOM株式会社 CTO 佐々木康伸氏

ライブにこだわるから、配信サーバーの信頼性・可用性は絶対条件

「SHOWROOM」のサービスは、2013年11月にブラウザ版としてスタート。その後、スマートフォンアプリでのサービスが始まり、2015年には専用の公式配信ソフトも無料リリースされた。

モバイルゲームには長い実績のあるDeNAではあるが、動画配信プラットフォームは初めての事業。動画配信技術をイチから作り上げる必要があった。

「最も重要だったのはインフラの選択です。オンプレミスかクラウドかという選択では、迷うことなくクラウドを選択。ただ、ライブ感を大切にして、リアルタイム配信にこだわるわけですから、遅延なく配信できることが絶対条件でした。

視聴者が殺到したら、サーバーがダウンして止まってしまったでは話になりません。最初はAWSを活用していましたが、容量がかさむとそれに伴って費用もアップするのが悩みでした。インフラコストは私たちの事業に直接影響を与えますからね」

現在はIDCフロンティアのIDCFクラウドというサービスをメインで利用している。注目したのはネットワークコストが安いこと。

「パートナー企業としてのサポート力も十分で、ビジネスの成長に対応できる拡張性も持っています」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。