体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperia XZ2やEssential Phone等でもAndroid P ベータプログラムが開始

Google が Android の次世代バージョンとなる Android P のプレビュー版を Pixel デバイス以外でもテストできる環境を整備し、この程、他社のデバイスを対象にした Android P Beta プログラムを開始しました。
プレビュー版の利用はこれまで Google 製品に限られていましたが、Android Oreo に導入された新しい枠組み「Project Treble」によって、新しい Android バージョンへの対応が格段に容易となりました。
その結果、Google 以外の機種でも未完成な Android P のテストを可能にしています。
Project Treble とは、プロセッサや通信モジュールといったハードウェア周りのベンダー実装(ドライバ等の低レベル層ソフトウェア)をそのまま維持した状態で新しい Android システムに適合させることのできる仕組みです。
これは機種側の対応が必要になり、全ての機種が対応しているわけではありません。
現在、Android P プレビュー版を利用できるのは、Essential Phone PH-1、Xperia XZ2 の海外モデル、OnePlus 6、Nokia 7 Plus、OPPO R15 Pro、Vivo X21 / X21UD、Xiaomi Mi Mix 2S です。
ROM のインストール方法は機種によって変わってきます。
Pixel デバイスのように単純化されているわけではありません。
その詳細はこちらの WEB ページで見つかります。
Source : Google

■関連記事
Samsung、中国でGalaxy S Light Luxuryを正式発表
ソフトバンクの2018年スマホ夏モデル
Google、Google Payでビジネスを拡大し、支払い体験を改善する新機能を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。