体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイルス・デイヴィスやマドンナとの仕事で知られる音楽家、レジー・ルーカスが65歳で死去

マイルス・デイヴィスやマドンナとの仕事で知られる音楽家、レジー・ルーカスが65歳で死去

 1970年代にマイルス・デイヴィスと共演し、マドンナのデビュー・アルバムのプロデュースに携わったグラミー賞受賞ミュージシャン、レジー・ルーカスが65歳で死去した。

 現地時間2018年5月19日、米ニューヨークで心臓病の合併症により死去したと、レジーの娘であるリサ・ルーカスがAP通信に報告した。

 「身体的な心臓の長く辛い苦しみの後(感情面では何も問題はなかった)、遂に逝ってしまった。彼にはもっと長生きしてもらいたかったし、もっと長い時間を彼と一緒に過ごしたかった。しかし、彼は家族に手を握られ、その愛を感じながらこの世を去っていった。今、彼が安らかに眠っていることを嬉しく思います。」と、娘リサ・ルーカスはFacebookのページに書き込んだ。

 1953年2月25日、レジー・ルーカスはニューヨークのクイーンズで生まれた。70年代にマイルス・デイヴィスと共演を果たした後、ルーカスはパーカッション奏者のジェームズ・エムトゥーメとパートナーシップを組み音楽制作活動を開始。2人はロバータ・フラックとダニー・ハサウェイによる「The Closer I Get to You」(後にビヨンセとルーサー・ヴァンドロスによってカバーされている)や、グラミー賞最優秀R&Bソング賞を受賞したステファニー・ミルズの「Never Knew Love Like This Before」などのヒット曲を共に制作した。

 ルーカスは、1983年にリリースされ、500万枚のセールスを記録したマドンナのセルフタイトル・デビュー・アルバムをプロデュースし、「Borderline」や「Lucky Star」などのヒット曲を含む収録曲のほとんどを手掛けた。

 ルーカスは自身の余生を、娘のリサ、妻のレスリー・ルーカス、息子のジュリアン・ルーカス、母のアニー・ウリンズキー、そして兄弟であるグレッグ・ルーカスと共に送った。

◎ナイル・ロジャースによる投稿
https://twitter.com/nilerodgers/status/997845355319431168

◎リサ・ルーカスによる投稿
https://twitter.com/likaluca/status/997834766664765441

関連記事リンク(外部サイト)

ロバート・デ・ニーロが『SNL』に再び登場、主演映画のあのポーズを再現
ジャネット・ジャクソン、ロング・インタビューで新作/気になるアーティスト/原動力について語る
マドンナ、近日中に新作をリリースか

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。