体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンクの2018年スマホ夏モデル

ソフトバンクは 5 月 10 日、SoftBank 向けスマートフォンの 2018 年夏モデル 6 機種を発表しました。
ラインアップと発売時期は次の通りです。
Huawei Mate 10 Pro : 5 月 18 日発売Xperia XZ2 : 5 月下旬発売AQUOS R2 : 6 月上旬発売Huawei nova lite 2 : 7 月上旬発売DIGNO J : 7 月上旬発売シンプルスマホ 4 : 7月下旬発売■ Huawei Mate 10 ProMate 10 Pro は昨年秋に国内で発売された Mate シリーズの最新モデルで、アスペクト比 18:9 となる 6 インチ 2,160 x 1,080 ピクセルのディスプレイや Kirin 970 オクタコアプロセッサ、ライカブランドのダブルレンズカメラを搭載するなど、2017 年モデルだとは言えまだまだ最新モデルにカウントしても良いレベルの機種です。
■ Xperia XZ2言わずと知れた Sony Mobile の 2018 年上位モデルで、5.7 インチ 2,160 x 1,080 ピクセルの 18:9 ディスプレイを採用し、2017 年モデルからデザインを大幅に刷新しています。
大画面ながらもコンパクトで使いやすくなりました。
国内版はおサイフケータイ、ワンセグ・フルセグに対応しています。
■ AQUOS R2AQUOS R2 は 6 インチ 3,040 × 1,440 ピクセルの WQHD+ ディスプレイや Snapdragon 845 を搭載したハイエンドモデルで、デザインに AQUOS R Compact のような狭額縁デザインを採用したことで、こちらも大画面ながらコンパクトな端末に仕上がっています。
■ Huawei nova lite 2Nova Lite 2 は、スタイリッシュで女性にも好評の Nova シリーズの最新モデルで、縦長の 18:9 ディスプレイを採用していますが、サイズは 5.65 インチ(2,160 x 1,080 ピクセル)と、比較的多い 6 インチ 18:9 ディスプレイのモデルよりも一回りコンパクトな仕上がりで、ディスプレイ自体は大きめなので、大画面且つコンパクトな一台です。
■ DJIGNO J防水・防塵・耐衝撃性を備えるタフネススマホなのですが、よく使う機能などを大きなショートカットアイコンでホーム画面に配置できるなど、スマートフォン初心者にとって使いやすい様々な工夫点が見られる一台です。
子供に持たせる最初のスマートフォンにはぴったりです。
また、5 インチスマートフォンなので持ち運びやすいのは言うまでもなく、VoLTE に対応していますが、ワンセグやおサイフケータイには対応していません。
■ シンプルスマホ 4こちらも 5 インチの小型モデルで、スマートフォンに不慣れな方をターゲットにしていますが、DIGNO J が若年層向けであるのに対して、シンプルスマホ 4 は「はっきりビュー」に対応するなど、見やすさにも配慮した作りとなっており、シニア向けといえます。
おサイフケータイには対応していませんが、VoLTE やワンセグには対応しています。
もちろん防水対応です。
Source : ソフトバンク

■関連記事
Samsung、中国でGalaxy S Light Luxuryを正式発表
Google、Google Payでビジネスを拡大し、支払い体験を改善する新機能を発表
YouTubeアプリに動画視聴の休憩を促すリマインダー機能が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。