体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

都会生活に疲れた人へ!自然に恵まれた「コスタリカ」の5つの魅力

都会生活に疲れた人へ!自然に恵まれた「コスタリカ」の5つの魅力

読者の皆さんの中には、都会で生活していて1日の大半をオフィスや自宅など室内にいる人も多いかと思います。

都会の喧騒に疲れた時に気晴らしに公園に行って、何をするでもなくただボ〜ッとのんびりするだけで心が落ち着いた経験は誰にでも一度はあるかと思います。

そんな都会人の日常にどうしても不足しがちな自然との触れ合いを存分に楽しむ旅行先として、今回はコスタリカをおすすめしたいと思います。

 

コスタリカってどんな国?

photo by suzukinao

コスタリカの人口は490万人、その国土は九州と四国を足した程度の大きさであり、経済規模では中米でパナマの次に豊かな国として「中米の優等生」と呼ばれています。

日本ではあまり馴染みのない国ですが、コスタリカはエコツーリズム発祥の地といわれており、欧米のバックパッカーの間では環境保護先進国として非常に人気のある旅行先となっております。

かくいう私も中米放浪旅の一環としてコスタリカに訪れたことがありますが、美しいビーチや圧倒的な規模の熱帯雨林、活火山などの多くの観光資源に恵まれたこの国に魅了された旅人の一人です。

今回は、そんな中から特にオススメの4つの観光ポイントを紹介したいと思います。

 
ちなみにスペイン語圏における一般的な挨拶は「オラ!(¡Hola!)」ですが、コスタリカにおいては「プラ・ビダ!(PURA VIDA!)」が最もポピュラーな挨拶ですので、とびきりの笑顔で「プラ・ビダ!」と挨拶をしましょう。

きっとコスタリカの人々との距離がぐっと縮まるでしょう。

 

神秘的なジャングルでマイナスイオンを浴びる

photo by suzukinao

コスタリカは、その国土の4分の1以上が自然保護区や国立公園となっており、また赤道に近いという地理的背景から非常に規模の大きな熱帯雨林が各地に見られます。

その中でもモンテベルデ(Monteverde)には熱帯雲霧林と呼ばれる独特の生態系の森が広がり、木にはコケ、シダなどがビッシリと覆い神秘的なジャングルを体験することができます。

映画「もののけ姫」の舞台は屋久島と白神山地と言われていますが、このモンテベルデも同じような神聖な雰囲気があり、いまにも「こだま」や「シシ神さま」が出てきそうです。

そんな神秘的な空気が漂うモンテベルデにて、ハイキングに興じるのも良し、日本では目にすることができない動植物を観察するのも良し、楽しみ方は無限大です。

 

コスタリカで「火の鳥」を拝む!?

Filipe DeAndradeさん(@filipe_deandrade)がシェアした投稿 – 2018年 5月月10日午前10時11分PDT

メキシコ南部からパナマにかけての山岳地帯の森林に生息している、ケツァールという名前の鳥をご存知でしょうか?

ケツァールは古代アステカ時代に農耕神ケツァルコアトルの使いとして神聖化された鳥であり、いまでも中米諸国では非常に有難いものとして敬われています。

ケツァールは日本人の我々にとっても非常に馴染みのある動物です。というのも有名な手塚治虫の代表作の一つである「火の鳥」がこのケツァールをモデルにしていると言われています。

ケツァールを見た人は幸せになれるといわれるほど貴重な鳥ですが、めったに人前に姿を現すことはありません。

筆者もこのケツァールをひと目見ようと、コスタリカ・グアテマラの密林に足を運びましたが残念ながら見ることはできませんでした。

是非、この貴重なケツァールを見にコスタリカの密林まで訪れてみて下さい。

秘境感満載のビーチで猿と戯れる!

photo by suzukinao

中米から南米にかけて数多くのビーチがありますが、その中でもマヌエルアントニオ国立公園(Manuel Antonio National Park)のビーチは秘境感に溢れた他に類を見ないものとなってます。

鬱蒼と生い茂った熱帯植物が彩る遊歩道を抜けると、透明度が高いキレイな海が広がります。そう、熱帯雨林の中にビーチがあるんです。

また、マヌエル・アントニオ国立公園ではナマケモノ、イグアナ、ホエザルといった日常ではなかなか見ることのできない動物が生息しており、公園のそこかしこで発見することができます。

ナマケモノやイグアナなどの野生動物を見学しながら熱帯雨林の中を歩き、疲れたら公園の奥にある美しいビーチでのんびりする、というような冒険とリゾート気分を同時に味わえる珍しい体験ができるんです。

熱帯雨林を散策していると時々現れるノドジロオマキザルの愛くるしい姿には恋に落ちること間違いなしです!

 

インスタ映え抜群!エメラルドグリーンの美しい火山

photo by suzukinao

次にお勧めしたいのが、首都のサンノゼ(San José)から40キロメートルの場所にあるポアス火山(Poás Volcano National Park)です。

コスタリカにはたくさんの休火山がありますが、こちらは世界で1、2位を争う酸性度の高いカルデラ湖を持つ活火山で、昨年には63年ぶりに噴火をしました。

エメラルドグリーンのカルデラ湖は、マグマで温められて圧力が高まると間欠泉が吹き上がります。

そして湖一体は蒸気に覆われ、しばらくするとまた美しい湖が出現するといったサイクルを繰り返すように自然の雄大さをきっと感じることができるでしょう。

その様子をタイムラプス動画で撮影すると、インスタ映えする素敵な動画となりますよ!

 

首都サンホセにてコロニアル様式の建築を堪能

🇨🇷🙂🇺🇸さん(@rebelheart81)がシェアした投稿 – 2017年 6月月21日午後2時43分PDT

コスタリカの首都サンホセは、コスタリカ最大の都市であり政治・経済の中心地です。

かつては小さな村であったサンホセは、1824年、当時国家元首であったファン・モラ・フェルナンデスがスペイン植民都市のカルタゴからここに政庁を移すことで発展しました。

一方でサンホセは軍隊を保持しない非武装中立国であり、また標高が1150mもあり風光明美な山々に囲まれた地形から「中米のスイス」とも呼ばれています。

そして多くの中南米の都市と同じくここサンホセも、過去のスペイン植民地時代の名残から街中にコロニアル様式の美しい建物が見られます。

その中でも、パリのオペラ座をモデルとしたサンホセ国立劇場、メトロポリタン大聖堂、サンホセ中央郵便局は一見の価値があります。

加えて、コスタリカは中南米の国々の中でも美人大国3C(コロンビア、チリ、コスタリカ)に数えられるほど美人が多い国として有名です。これを見た殿方、サンホセ旅行はいかがでしょうか。

 

コスタリカに行こう!

いかがだったでしょうか?今回紹介したコスタリカはまだまだ我々日本人には馴染みの薄い旅行先ですが、多くの自然に囲まれた素晴らしい場所です。

今回紹介した観光地の他にも無数の見所が満載の観光立国です。是非とも日頃の疲れた頭と体をリフレッシュするために、コスタリカへの旅行を検討してみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

動植物の楽園と称されるエコツーリズム発祥の国「コスタリカ」の世界遺産まとめ

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。